Recent changes RSS feed

撰集抄

巻4第6話(30) 慶縁事

校訂本文

過ぎにしころ、越(こし)のかたへまかり侍りしに、舟さか河を舟にてなん渡り侍りしに、齢(よはひ)二十(はたち)の内に見ゆる僧の、あてやかなるが、さしも寒き空に、一重なる白帷一つに、絹の一重なる衣着たる僧の、舟の中にて、人目もつつましげなる侍る。「いかなる人やらん」と、あはれに侍りしかども、「とかく聞こえ、憚りもぞ侍るべき」と思ひて侍るほどに、この舟さしの、櫂(かい)をも取らで、水にまかせて舟を下し侍りしかば、何となく、かく、

  みなれざを取らでぞ下す高瀬川

と詠みて侍りしかば、これにありつる僧の、かく、

  月の光のさすにまかせて

と付けて侍りしあはれさに、とり続きて、「いかに。いまだ無下にいとけなくおはするに、ただ一人、いづちとて、かくいまそかるらん」と尋ね侍りしかば、「さしていづくと所もさだめず侍り。我は、奈良の京、東大寺に住み侍り。大臣得業慶縁といふ者に侍り」と言ひて、後はつひにのたまふこと侍らざりき。

さて、越路のかたへこそ越えおはし給へりしが1)、「さやうの人の、いかなることにてか、出で給ふらん」と、いぶせく侍りしかば、またの年、東大寺に詣でて侍りしついでに、俊恵法橋に、「かかることなん侍りしは。いかなることにか侍りけん」と尋ね奉りしかば、「さることあり。さて、会ひ奉り給ひけるにこそ」とて、雨しづくと泣き臥し給へり。

ややしばらくありて、涙のごひなどし給ひて、「大臣得業慶縁とて、東南院の遺弟、久我大臣の御子に侍り。年はいまだいとけなくいまそかりしかども、いつしか内外の才知ほがらかにして、花実そなはり給へりしが、この三年(みとせ)のさき、神無月のころ、暁にはかに失せ給へり。

  この世をば思ひ離れんとばかりに思へば鐘のうちさそふなり

と、常におはしける障子に書き付けてなん、出で給へり。そののちは、ふつと見え給はず。今までもあはれなることには、鐘のうちさそひてなどして、忍びあひ侍るなり」と語り給ひしに、あはれさ身にしみて、やるかたなくて侍りき。

呉竹(くれたけ)の、まだ二葉にて、よよをこむる節の、日浅きほどのいとけなさに、思ひ立ちて出で給ひけん心の中、かへすがへす、貴くも侍り。何となく年も長けて、よろづ思ひ入るるほどの人だにも、思ひながら、慣れぬる住処の離れがたく、行くべき先のいぶせさに、さてのみはせ過ぎて、いたづらと年のみ長けぬるは、人の習ひなるぞかし。

しかるを、この得業の、「世を思ひ離れん」と思ふ鐘に、暁の鐘のうちさそひけるに、今さら心のもよほされて、むら雲迷ふ神無月、嵐はいとどはげしく、時雨は旅のもの憂きに、埴生の小屋にだにも腰も休めず、ことに冴えくらす越路のかたをさして、霜を重ぬる雪の上に、枯野の原を草枕として臥し給ひけん。「世を捨つ」といひながら、かへすがへすも、いとほしく思ひやられて侍り。

おろおろの心にては思ひ立ち給はじ。世々経たる、五戒十善のよき種々、この世のつとめにうち具して、はや世を秋風の身にしみて、この身には冴ゆる霜雪、嵐はこととも思え給はざりけるにこそ。

げにも、しづかに思ひとけば、この身を身とて惜しむべきには侍らざりけり。惜しむともかひあらじ。かぎりある命の尽きなんのちは、いたづらに朽ちはてて、鳥部2)・舟岡3)の煙(けぶり)とも昇り、もしは野径の土ともなり、あるひは虎狼のために食せられて、心ばかりこそ無常の殺鬼にはとられ侍め4)

しかあれば、この身は、ただ、しばしがほど心を宿す器物(うつはもの)なり。何とて、これに思ひをとどめ侍るべき。六趣の形、しなじななり5)。いくたびか、鳥獣ともなり侍りけん。その時は、また鳥の形をこそ愛しけめ6)。今また、この身を愛し侍りて鏡の影を見て、「にくからぬ形」と独り思ひをれる心のみ偽りにして、また悪趣に返り、さてもやみもせぬ幾万の形を受けて、明け暮れ苦しみを受けて、独り悲しみ、独り歎きをれらんは、いとどはかなかるべし、

はや、この身、思ひ捨て、わが身を惜しむ心を離れ侍らばやと思ひ侍れど、いかにも身の浮雲の厚く7)そびきて、本有の月あらはれがたきにや。すべて、この心の付き侍らぬぞとよ。いかなれば、いとけなくして、行く末はるばるとおひ出で、三千の禅徒に、いつき、かしづかれ給ふべき人たちの、身をなきものにし給ひて、かき消ちいまそかるらん。

何に、かかるとしもなき老法師の、ただ心のままにあらせて、むなしくこの世を暮さんずらん。くちをしく思え侍るぞや。

翻刻

過にし比、こしの方へ罷侍しに舟さか河を舟
にてなんわたり侍りしによわひはたちの内
に見ゆる僧のあてやかなるかさしも寒き空にひとへ
なる白帷一にきぬのひとへなる衣きたる僧の
舟の中にて人目もつつましけなる侍るいかな
る人やらんと哀に侍りしかともとかく聞え憚
もぞ侍るへきと思ひて侍る程に此の舟さしの
かいをもとらて水に任て舟をくたし侍りし/k103r
かは無何かく
  みなれさほとらてそくたすたかせ川
と詠て侍りしかは此にありつる僧のかく
  月のひかりのさすにまかせて
と付て侍りし哀さにとりつつきていかにいまた
無下にいとけなくをはするにたたひとりいつち
とてかくいまそかるらんと尋侍りしかはさして
いつくと所もさためす侍り我はならの京
東大寺にすみ侍り大臣得業慶縁と云も
のに侍と云て後はついにの給ふ事侍らさ/k103l
りきさてこし地のかたへこそ越おはし給へりし
しかさやうの人のいかなる事にてか出給ふらん
といふせく侍りしかはまたのとし東大寺に
まうてて侍りし次に俊恵法橋にかかる事なん
侍りしはいかなる事にか侍りけんと尋奉し
かはさる事ありさてあひ奉り給ひけるに
こそとて雨しつくとなき臥給へりややし
はらくありて泪のこひなとし給て大臣得
業慶縁とて東南院の遺弟久我大臣の
御子に侍り年はいまたいとけなくいまそかり/k104r
しかともいつしか内外の才知ほからかにし
て華実備給へりしか此三とせのさき神無月
の比暁俄に失給へり
  この世をはおもひはなれんとはかりに
  おもへはかねのうちさそふなり
と常におはしける障子に書付てなん
出給へり其後はふつと見え給はす今迄
も哀なる事にはかねのうちさそひてなと
して忍合侍るなりと語給しに哀さ身
にしみてやるかたなくて侍きくれ竹の/k104l
また二葉にてよよを籠るふしのひあさき
程のいとけなさに思立て出給けん心の中
返々貴も侍りなにとなく年もたけてよ
ろつ思入るる程の人たにも思ひなからなれぬるすみか
のはなれかたく行へきさきのいふせさにさて
のみはせすきていたつらと年のみたけぬる
は人のならいなるそかししかるを此得業の世
を思はなれんと思ふかねに暁の鐘の打さそひ
けるにいまさらこころのもよほされて
村雲まよふ神無月あらしはいととはけしく/k105r
時雨は旅の物憂にはにふの小屋にたにも
腰もやすめす殊にさえくらすこしぢのかた
をさして霜をかさぬる雪の上にかれのの原を
草枕として臥給けん世を捨といひなか
ら返々もいとをしくおもひやられて侍り
おろおろの心にては思ひたち給はし世々へたる
五戒十善のよき種々この世のつとめにうち
くしてはや世を秋風の身にしみて此身には
さゆる霜雪嵐はことともおほえ給はさり
けるにこそけにも閑におもひとけは此身を/k105l
身とてをしむへきには侍らさりけり惜とも
甲斐あらしかきり有命のつきなん後は
いたつらにくちはてて鳥部舟岡のけふりとも
のほりもしは野径の土ともなり或は虎狼
の為に食せられて心はかりこそ無常の殺
鬼にはとられ侍らしめしかあれは此身はたた
しはしかほと心をやとすうつは物也何とて
これに思ひをととめ侍るへき六趣形しななり
いくたひか鳥獣とも成侍りけん其の時は又
鳥の形をこそ愛しそめ今又此身を愛し/k106r
侍りてかかみの影を見てにくからぬかたちと
ひとりおもひおれる心のみいつわりにして又
悪趣にかへりさてもやみもせぬいく万
のかたちをうけて明暮くるしみをうけて
独かなしみひとりなけきおれらんはいとと
はかなかるへしはや此身おもひ捨て我
身ををしそひきて本有の月あらはれ
かたきにや都て此心の付侍らぬそとよ
いかなれはいとけなくして行末
はるはるとおい出三千の禅徒にいつきかし/k106l
つかれ給ふへき人達の身をなき物にし給て
かきけちいまそかるらん何にかかるとしも
なき老法師のたた心のままにあらせて
空この世をくらさんすらん口おしく
思え侍るそや/k107r
1)
底本「ししか」。諸本により削除。
2)
鳥部野
3)
船岡山
4)
「侍らめ」は底本「侍らしめ」
5)
「しなじななり」は、底本「しななり」。諸本により補う。
6)
「愛しけめ」は底本「愛しそめ」。諸本により訂正。
7)
底本「む心を」から「厚く」まで、本文を欠く。書陵部本等により補う。
text/senjusho/m_senjusho04-06.txt · 最終更新: 2016/06/09 23:07 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa