Recent changes RSS feed

撰集抄

巻3第4話(20) 観釈聖(歌)

校訂本文

昔、観釈聖とて、世をのがれる人侍る。なま君達にて、殿上の交はりなんし給ひて、遠江守になりなんどして侍りけるが、いかなることか侍りけん、にはかに家を出て、髻(もとどり)切りて、頭陀(づだ)をなんし侍りける。

もとより、御子はいませざりければ、知る所などをば、さながら北の方に譲り給ひて、出でられにしのちには、またもかの家へはさし入り給はずとかや。ただ、人の家に入り来て、四方山(よもやま)のそぞろごと、昔今の物語りをして、日を送るわざにて、はかばかしく勤めなんどもなかりける人にて、面白き物語をなんし給ひければ、大臣家などにつねは召されて、なにとなく世をなん過ぎられにけり。着物は何をも嫌はず着給ひける。足も手も、洗ひもあげずいまそかりけり。

ある時、富家入道殿1)の、中将にていまそかりけるころ、二条になん住みておはしましける時、かの観釈聖、参り給ひて、「今日身まかり侍るべし。『いかならん山中にても、這ひ隠れ侍らん』と思ひ侍り2)つれども、『往生をなん遂げ侍るべきにて侍れば、誰々にも縁を広く結びおかん』と思ひ給ふれども、『この殿のかたはらにて』と思ひて侍り。こちなくや侍らん」とのたまはせければ、殿、をかしがらせ給ひて、「さらなり。何かは」と仰せのありければ、「嬉しきことにこそ」とて、御所の東の山ぎはの、滝の落ちて、まことにおもしろき所に、石の上に西向になん手を合はせていまそかりけるが、げにそのままにて、やかて息絶えてけり。紫の雲、上に覆ひ、妙(たへ)なる香、御所に満ちてぞ侍りける。

人々集りて、拝みけるなり。その形体をうつし留めて、同じ石にすゑ給へりける、今に侍り。帷(かたびら)の肩の落ちたるを着て、薦(こも)といふものを後ろに引きかけ給へる姿なり。ころは十二月三日とぞ。ことにあはれに侍るかな。

多くの財宝をみな取り捨て、そこばくの田園をさながらもて離れて、賤しきさまにやつれ給ひて、知る知らぬ家どもに入り居て、袖を広げ給ひけん。さすが人も岩木(いはき)ならねば、見る目もさらにかき暗されてこそ侍りけめ。さそらへ出でてのちは、またも旧里に帰り給はざりけるも、かしこくぞ侍る、また、世を捨てても、住みなれし所、知れるさかひなどにては、袂を広ぐるわざは、いかにもありがたかむめるにと、それさへ澄みて思え侍り。

なにとなき物語にて、そのこととなく日を送り給ひけんは、外のありさまは、ものさはがしき に似たれども、内の心は澄みわたりて侍りけり。「大隠は朝市にあり」といふ。これならんと思えて侍り。

翻刻

かな昔観釈聖とて世を遁れる人侍るなま君達にて
殿上の交りなんし給て遠江守に成なんとして侍
けるかいかなる事か侍けん俄に家を出て本とり切て/k68r
頭陀をなんし侍りける自元御子はいませさりけれは
知所なとをはさなから北方に譲給て出られにし後
には又も彼家へは指入給はすとかやたた人の家に入
きてよも山のそそろ事昔今の物語をして日を送
るわさにてはかはかしく勤なんともなかりける人にて
面白き物語をなんし給ひけれは大臣家なとに常は
めされて無何世をなん過られにけりき物は何をも
きらはすき給ひける足も手もあらいもあけす
いまそかりけり或時冨家入道殿の中将にていまそ
かりけるころ二条になん住ておはしましける時/k68l
かの観尺聖参り給て今日身まかり侍るへしい
かならん山中にてもはい隠れ侍らんと思ひ給ひつれ
とも往生をなん遂侍るへきにて侍れは誰々
にも縁を広く結ひおかんと思ひ給ふれ共此殿の方
はらにてと思て侍りこちなくや侍らんとの給はせ
けれは殿をかしからせ給てさら也何かはと仰の有け
れはうれしき事にこそとて御所の東の山きは
の滝の落て誠に面白き所に石上に西向になん
手を合ていまそかりけるかけに其ままにてやかて
息気絶てけり紫の雲上に覆ひたえなる香御/k69r
所にみちてそ侍りける人々集ておかみける也其形
体を移し留て同石に居へ給へりける今に侍りかた
ひらのかたの落たるをきてこもとゆふ物を後に引かけ
給へる姿也ころは十二月三日とそ殊に哀に侍るかな多
の財宝を皆取捨そこはくの田薗をさなからもて
離て賤きさまにやつれ給て知しらぬ家共に入
居て袖をひろけ給けんさすか人も岩木ならね
は見る目もさらにかきくらされてこそ侍けめさそ
らへ出て後は又も旧里に帰り給はさりけるもかし
こくそ侍る又世を捨てもすみなれし所しれる/k69l
さかひなとにては袂をひろくる業はいかにも難有か
むめるにとそれさへすみて覚侍り無何物語にて其
事となく日を送り給けんは外の有様は物さはかしき
に似たれとも内の心はすみ渡て侍りけり大隠は
朝市にありと云是ならんと覚て侍り/k70r
1)
藤原忠実
2)
底本「給ひ」。諸本により訂正。
text/senjusho/m_senjusho03-04.txt · 最終更新: 2016/08/04 22:42 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa