Recent changes RSS feed

撰集抄

巻2第5話(13) 雲林院聞説法発心

校訂本文

中ごろ、東の京に、いといたう貧しからず住みける男女ありけり。下れる品の人なるべし。

この男、ある時、雲林院の説法の侍りけるに、聴聞のために、かの庭に詣でてけり。導師、いひ知らずめでたく御法を説き侍れば、みな人々も、よよと泣くめり。この男の、いたく心を発(おこ)して、やがて家にも帰らずして、てづから髻(もとどり)切りて、東山の奥に、庵(いほり)かたばかり造りて、しづかに念仏し、ときどき里に出で、ものをなん乞ひ、わづかの物をも得侍りければ、それをなん用ゐて、また里に廻るわざもなんなかりけり。夜は必らず里を廻りて、高らかに1)念仏し侍り。されば、夜を残す寝 覚の床には、あはれと情けをかけずといふことなし。

ある時、人のたづね行きて、「いかに、身の苦しきに、夜は歩(あり)き給ふにか。いも寝給はでは、疲れ給ふには侍らずや」と言ひければ、「そのことに侍り。昼はなにとなく、さる体(てい)なる女なんどを見侍るに、わがなじみたりし者の思ひ出ださるる時も侍り、幼き者を見る時は、ふり捨て出でし子の、おもかげに立ちて、いかにも乱れぬべく侍り。夜は、さやうのこともなし。心の澄み侍れば、廻るなり。廻らずとても、生死の無常の思はれて、寝(いね)もせられず侍れば、歩(あり)き侍るなり。さてまた、おのづから耳にもれて、『あはれ』と聞そなれし、一念随喜をもし、念仏をもし侍る人あらば、それをなん、他を利する心と2)せんと思ひ侍るにこそ」と申しければ、たづね行きける人も、袖をしぼりて、拝みつつ去にけり。

さて、三年はかり経て後に、三日まで里にも出ず侍るいぶせさよ。人々、まかりて侍りければ、西に向ひて手合はせてなん、息絶えにけり。あさましく、悲しく思えて、いそぎ人に触れなどして、来拝み侍りけるとなん。けに

ありがたかりける心なり。下れる人は、いかにも情けの少なくて、たださしあたることのみを思ひて、後の世の罪をばさし放ちて、思はざるめるに、御法の心に染みて、さばかり身にかへて、いとほしくかなしき妻子を振り捨て、ふたたび見ずなりなん、ことに貴く思え侍る。また、『昼はなにわざにつけても、心の動きぬべく思ゆる』とて、いたく里にも出でざりけること、思ひ取り侍る心の中思ひやられて、いとどかしこく侍り。

さても、生死の無常の思はれて、いも寝られず侍りけん、身に入りて、貴くぞ思え侍る。世を捨つる人、多くいまそかれども、眠りは捨てがたく侍るに、無智なるあやしの心の、さほどに侍りけんことのありがたさ、やるかたなく侍り。

悲しきかな。昨日ありし人、今日はなし。朝(あした)に世路に誇るたぐひ、夕(ゆふべ)の白骨となり、月を詠(なが)むる友、たちまちのちに零落し、花にたづさふる族(やから)、むなしく風に誘はれて、跡なくなりぬる世間に、愚かに思ひを留めて、いたづらにわが身に積もる年月の、首(かうべ)は露の霜にかはりて、長月の末野の原の枯野の草にたぐへて、跡なくなりはてんとすることをも思はず、心のあるにまかせて、秋の長夜すがら、そのこととなく眠(ねぶ)りて、はかなき夢をのみ見て、むなしく月日を過ごさん、げにも心憂きわざなるべし。

されば、善導和尚は、「頭燃を拂ふがごとくにせよ」と勧め、恵心の僧都3)は、「あたかも眠りをしのげ」と侍り。今の僧のありさまこそ、これらの教へにかなひて侍れ。

あさましや、世を捨つといへども、心はこれを捨てず。袂(たもと)は染めぬれども、心は染まぬものにして、身・心、かたちがへにて、万行、いたづらになしはてぬることよ。しかあれば、「心の師とはなるとも、心を師とすることなかれ」と、仏も教へ給ひつる、これなるべし。とにかくに、涙のすずろにしどろなるに侍り。

翻刻

中比東の京にいといたうまつしからすすみける男女
ありけり下れるしなの人なるへし此男ある時雲
林院の説法の侍りけるに聴聞の為に彼庭に
詣ててけり導師云しらす目出御法を説侍れ
はみな人々もよよとなくめり此男のいたく心を発て
やかて家にも帰らすして手自本とり切て東山
の奥に庵かたはかり造て閑に念仏し時々里に
出物をなん乞僅物をも得侍りけれは其をなん用て/k45r
又里に廻るわさもなんなかりけり夜は必里を
廻て高らからに念仏し侍りされは夜をのこす寝
覚の床には哀と情をかけすと云事なし或時人の
たつね行ていかに身の苦しきに夜はありき給にか
ゐもね給はてはつかれ給には侍らすやと云けれは
其事に侍り昼は無何さるていなる女なんとを見
侍るに我なしみたりしものの思出さるる時も侍り
おさなきものをみる時は振捨出し子の俤に立て
いかにも乱ぬへく侍り夜はさやうの事もなし心のすみ
侍れは廻也廻すとても生死の無常の思はれていね/k45l
もせられす侍れはありき侍るなりさて又をのつから
耳にもれて哀れと聞そなれし一念随喜をもし
念仏をもし侍る人有は其をなん他を利する心をせん
と思侍るにこそと申けれは尋行ける人も袖をしほり
て拝つつ去にけりさて三年はかり経て後に三日まて
里にも出す侍いふせさよ人々まかりて侍りけれは西に
向て手合てなんいき絶にけり浅増悲しく覚て
急人に触なとして来をかみ侍りけるとなんけに
難有かりける心也下れる人はいかにも情のすくなくて
たたさし当たる事のみを思て後の世の罪をはさし/k46r
はなちて思はさるめるに御法の心にしみてさはかり
身にかへていと惜く悲き妻子を振捨て并ひ見す
なりなん殊に貴く覚侍る又昼はなにわさに付
ても心の動きぬへく覚ゆるとていたく里にもいて
さりける事思取侍る心の中おもひやられていとと
かしこく侍りさても生死の無常のおもはれていも
ねられす侍りけん身に入て貴そ覚侍る世を
すつる人多いまそかれとも眠は捨かたく侍るに
無智なるあやしの心のさほとに侍けん事の難有
さやるかたなく侍り悲哉昨日有し人今日はなし/k46l
朝に世路に誇る類ひ夕への白骨と成月を詠
むる友忽後に零落し花にたつさふる族ら空
風に誘はれて跡なく成ぬる世間にをろかに思ひを留
ていたつらに我身に積る年月の首は露の霜に
かはりて長月の末野のはらのかれのの草にたくへて
無跡なりはてんとする事をもおもはす心のあるに
まかせて秋の長夜すから其事となくねふりてはかなき
夢をのみ見てむなしく月日を過さんけにも心憂
わさなるへしされは善導和尚は頭燃を拂かことくに
せよとすすめ恵心の僧都はあたかも眠をしのけと侍り/k47r
今の僧の有さまこそこれらのをしへに叶て侍れ
浅ましや世をすつといへとも心は是をすてす袂は染ぬ
れとも心はそまぬものにして身心かたちかへにて万
行いたつらになしはてぬる事よしかあれは心の師
とは成とも心を師とする事なかれと仏もをしへ給つる
是なるへしとにかくに涙のすすろにしとろなるに侍り/k47l
1)
底本「高らからに」。諸本により訂正。
2)
底本「心を」。諸本により訂正
3)
源信
text/senjusho/m_senjusho02-05.txt · 最終更新: 2016/05/21 12:12 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa