Recent changes RSS feed

撰集抄

巻1第7話(7) 新院御墓

校訂本文

過ぎにし仁安のころ、西国はるばる修行つかまつり侍りしついで、讃州水尾坂1)の社といふころに、しばらく住み侍りき。

太山辺の楢(なら)の葉にて庵結びて、妻木こりたく山中の気色、花の梢に弱る風、誰問へとてか呼子鳥、よもぎのもとの鶉(うづら)、日終(ひねもす)にあはれならずといふことなし。長松のあか月、さびたる猿の声を聞くに、そぞろにはらわたを断ち侍りける。すみかは浮世のためとも侍らねども、心ぞそぞろに澄みて思ゆるにこそ。

かくても侍るべかりしに、「浮世の中には思ひをとどめじ」と思ひ侍りしかば、「立ち離れなん」とし侍りしに、「新院2)の御墓、拝み奉らん」とて、白峰といふ所にたづね参り侍りしに、松の一むらしげれるほとりに、くぎぬきし回したる。「これなん御墓にや」と、今さらかきくらされて、ものも思えず。まのあたり見奉りしことぞかし。

清涼・紫宸のあひだにやすみし給ひて、百官にいつかれさせ給ひ、後宮・後房のうてなには、三千の翡翠のかんざしあざやかにて、御まなじりにかからんとのみしあはせ給しぞかし。万機の政を、掌のにぎらせ給ふのみにあらず、春は花の宴をもつぱらにし、秋は月の前の興尽きせず侍りき。

あに思ひきや、今かかるべしとは。かけてもはかりきや、他国辺土の山中の、おどろの下に朽ちさせ給ふべしとは。貝・鐘の声もせず、法華三昧つとむる僧、一人もなき所に、ただ峰の松風のはげしきのみにて、鳥だにかけえぬありさま見奉りしに、そぞろに涙を落し侍りき。

「始めあるものは終りあり」とは聞き侍りしかども、いまだかかるためしをは承はり侍らず。されば、思ひをとむまじきはこの世なり。一天の君、万乗の主(あるじ)も、しかのごとく、苦しみを離れましまし侍らねば、刹利(せつり)・首陀(しゆだ)かはらず、宮も藁屋もはてしなきものなれば、高位も願はしきにあらず。われらもいくたびか、かの国王ともなりけんなれども、隔生良忘して、すべて覚え3)侍らず。ただ行きて止まり果つべき、仏果円満の位のみぞ、ゆかしく侍る。

とにもかくにも、思ひつづくるままに、涙の漏れ出で侍りしかば、

  よしや君昔の玉の床とてもかからんのちは何にかはせん

とうちながめられて侍りき。盛衰は今に始めぬわざなれども、ことさら心驚かれぬるに侍り。

さても、過ぎぬる保元の初めの年、秋七月のころほひ、鳥羽の法皇4)、はかなくならせ給ひしかば、一天叢雲(むらくも)迷ひて、花の京(みやこ)、くれふたがり侍りて、含識のたぐひ、うつつ心も侍らず。歎き、身の上にのみ積りぬる心地どもにておはしましし中に、わづかに十日のうちに、主上5)・上皇6)の御国あらそひありて、上を下に返し、天を響かし、地を動かすまで、乱れ戦ひ侍りて、夕べに及びて、大炊殿に火かかりて黒煙覆ひしに、御方は軍(いくさ)勝ちに乗り、新院の御方、軍敗れて、上皇・宇治の左府7)、御馬に召して、いづくともなく落ちさせ給ひしを、兵(つはもの)追ひかけ奉りて、いささかも恐れ奉らず、率(ゐ)参らせ侍りしを見奉りしに、「よしなき都に出でて」と、かへすがへす心憂く侍り。

さて、後にこそ承りしが、「新院はある山の中より求め出で奉りて、仁和寺へ移らせ給ふ。宇治左府は、矢に当らせ給ひて、御命絶えさせ給ぬ」とは。「奈良の京、般若野の五三昧に土葬し奉りけるを、勅使立ちて、屍骸実検のために掘りおこし奉りける」と承はりしに、あはれ、むつかしき世の中かな。

誰か知らざる、浮世はかかるべしとは。ことに、あやうくはかなき身をもて、したり顔にのみ侍りて、むなしく明け暮れ過ぎて、無常の鬼に取らるる時、声をあげて叫べども、かなはずして、悪趣にのみ巡り侍らんは、いとど悲しかるべし。

盛衰もなく、無常も離れ侍らん世なりとも、仏の位、めでたしと聞き奉らば、などか願はざるべき。いはんや、盛衰、はなはだしきをや。無常すみやかなるをや。ただ心をしづめて、往事を思ひ給へ、少しも夢にや変り侍ると。悦も歎も、盛も衰も、みな偽りの前のかまへなるべし。

翻刻

過にし仁安のころ西国はるはる修行仕侍りし次讃
州みみ坂の社と云所にしはらくすみ侍りき
太山辺のならの葉にていほりむすひて妻木こりたく
山中の気色花の梢に弱る風たれとへとてかよふこ
鳥よもきのもとのうつら日終にあはれならすと云事
なし長松のあか月さひたるさるのこゑを聞にそそろに
はらわたを断侍りける栖は後世の為とも侍らねとも
心そそそろにすみておほゆるにこそかくても侍るへかり
しに浮世中には思をととめしと思侍りしかは立離/k20l
なんとし侍りしに新院の御墓おかみ奉らんとて白
峰と云所に尋参り侍りしに松の一村茂れる辺に
くきぬきしまはしたる是なん御墓にやと今更かき
くらされて物も覚えすまのあたり見奉りし事そかし
清冷紫宸の間にやすみし給て百官にいつかれさせ
給後宮後房のうてなには三千の翡翠のかんさし
あさやかにて御まなしりにかからんとのみしあはせ給しそ
かし万機の政を掌のにきらせ給ふのみにあらす春は
花の宴を専にし秋は月の前の興つきせす侍りき
あに思ひきや今かかるへしとはかけてもはかりきや他国辺/k21r
土の山中のおとろの下に朽させ給ふへしとは貝鐘の
声もせす法花三昧つとむる僧一人もなき所にたた峰
の松風のはけしきのみにて鳥たにかけえぬ有さま見奉
りしにそそろに泪を落し侍りき始ある物はおはりあり
とは聞侍りしか共いまたかかるためしをは承侍らすされは
思をとむましきは此世也一天の君万乗のあるしもしかの
ことく苦みを離ましまし侍らねはせつりしゆたかはらす宮
もわらやもはてしなき物なれは高位もねかはしきに
あらす我等もいくたひか彼国王とも成けんなれとも隔生
良忘して都おほく侍らす唯行てとまりはつへき/k21l
仏果円満の位のみそゆかしく侍るとにもかくにもおもひ
つつくるままに泪のもれ出侍りしかは
  よしや君昔の玉のゆかとてもかからん後は何にかはせん
と打なかめられて侍りき盛衰は今に始ぬわさなれ
とも殊更心驚れぬるに侍りさても過ぬる保元の初
の年秋七月のころをい鳥羽の法皇はかなくなら
せ給しかは一天むら雲迷て花のみやこくれふたかり
侍りて含識のたくひうつつ心も侍らす歎身の上に
のみつもりぬる心ちともにておはしましし中に
僅に十日のうちに主上上皇の御国あらそひありて/k22r
上を下にかへし天をひひかし地をうこかすまて乱れたた
かひ侍りて夕へに及て大炊殿に火かかりて黒烟お
をひしに御方は軍勝に乗新院の御方軍破て
上皇宇治の左府御馬に召ていつくともなく落させ
給ひしを兵者追懸奉ていささかも恐奉らすいまいらせ
侍りしを見奉しに無由都に出てと返々心憂侍りさて
後にこそ承しか新院はある山の中より求出奉て仁
和寺へうつらせ給宇治左府は矢に当らせ給ひて
御命絶させ給ぬとは奈良の京般若野の五三昧に
土葬し奉りけるを勅使立て死かい実検の為/k22l
に掘おこし奉けると承はりしに哀六借世中かな
誰か不知る浮世はかかるへしとはことにあやうくはかなき
身をもてしたりかほにのみ侍りて空しく明暮過て
無常の鬼にとらるる時声をあけてさけへとも不
叶して悪趣にのみ巡り侍らんはいととかなしかるへし
盛衰もなく無常も離侍らん世なりとも仏のくらゐ
目出しと聞奉らはなとかねかはさるへき況や盛
衰はなはたしきをや無常すみやかなるをやたた心を
しつめて往事を思給へすこしも夢にやかはり侍ると
悦も歎も盛も衰もみないつはりの前の構なるへし/k23r
1)
底本「みゝ坂」。諸本「みを坂」にしたがい、現在の地名をあてる。
2)
崇徳天皇
3)
底本「おほく」。諸本により訂正。
4)
鳥羽天皇
5)
後白河天皇
6)
崇徳上皇
7)
藤原頼長
text/senjusho/m_senjusho01-07.txt · 最終更新: 2016/05/13 15:01 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa