Recent changes RSS feed

無名抄

第81話 業平本鳥きらるる事

校訂本文

業平本鳥きらるる事

ある人いはく、「業平朝臣、二条の后の未だただ人におはしましけるとき、盗み取りて行きけるに、兄人(せうと)たちに取り返されたるよしいへり。この事、また『日本記式』にあり。ことざまは、かの物語にいへるがことくなるにとりて、迎ひ返しけるとき、兄人たち、その憤りを休め難くて、業平の朝臣の髻(もとどり)を切りてけり。しかあれど、誰(た)がためにもよからぬ事なれば、人も知らず、心一つにのみ思ひて過ぎけるに、業平朝臣、『髪生(お)ほさん』とて、籠りて居たりけるほど、『歌枕ども見ん』と数寄にことよせて東(あづま)の方(かた)へ行きにけり。陸奥国(みちのくに)に至りて、かそしま1)といふ所に宿りたりける夜、野の中に歌の上の句を詠ずる声あり。その詞にいはく、

  秋風の吹くにつけてもあなめあなめ

と言ふ。あやしく思えて、声を尋ねつつ、これを求むるに、さらに人なし。ただ死人の頭(かしら)一つあり。明くる朝(あした)になほこれを見るに、かの髑髏(どくろ)の目の穴より薄(すすき)なん一本(ひともと)生ひ出でたりける。その薄の風に靡(なび)く音のかく聞こえければ、あやしく思えて、あたりの人にこのことを問ふ。ある人、語りていはく、「小野小町、この国に下りて、この所して命終りにけり。すなはち、かの頭これなり」と言ふ。ここに業平、哀れに悲しく思えければ、涙を抑へつつ下の句を付けけり。2)

翻刻

業平本鳥キラルル事
或人云業平朝臣二条のきさきのいまたたた
人におはしましけるときぬすみとりて/e80l
ゆきけるにせうとたちにとりかへされたる
よしいへりこの事又日本記式にありこと
さまはかの物語にいへるかことくなるにとりて
むかひかへしけるときせうとたちそのいきとを
りをやすめかたくて業平の朝臣のもととり
をきりてけりしかあれとたかためにもよから
ぬ事なれは人もしらす心ひとつにのみおもひて
すきけるに業平朝臣かみおほさんとて
こもりてゐたりけるほと哥まくらともみん
とすきにことよせてあつまのかたへゆきに/e81r
けりみちのくににいたりてかそしまといふ所
にやとりたりけるよ野のなかに哥のかみ
の句を詠するこゑありそのことはに云
  あき風のふくにつけてもあなめあなめ
といふあやしくおほえてこゑをたつねつつ
これをもとむるにさらに人なしたた死人の
かしらひとつありあくるあしたになをこれを
みるにかのとくろのめのあなよりすすきなん
ひともとおひいてたりけるそのすすきの風
になひくおとのかくきこえけれはあやしく/e81l
おほえてあたりの人にこのことをとふ或人
かたりて云をののこまちこの国にくたりて
この所して命をはりにけりすなはち
かのかしらこれなりと云ここに業平あはれに
かなしくおほえけれはなみたををさへつつ下の
句をつけけり/e82r
1)
諸本「やそしま(八十島)」
text/mumyosho/u_mumyosho081.txt · 最終更新: 2014/10/24 21:55 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa