Recent changes RSS feed

無名抄

第80話 頼実が数奇の事

校訂本文

頼実がすきの事

左衛門尉蔵人頼実は、いみじき数寄者なり。和歌に心ざし深くて、「五年が命を奉らん。秀歌詠ませ給へ」と住吉に祈り申しけり。

その後、年経て、重き病(やまひ)を受けたりけるとき、命生くべき祈りどもしけるとき、家にありける女に、住吉の明神憑き給ひて、「かねて祈り申す事をば忘れたるか。

  木の葉散る宿(やど)は聞き分くことぞなき時雨(しぐれ)する夜も時雨せぬ夜も

といへる秀歌詠ませしは、汝が信をいたして、我に心ざし申ししゆゑなり。されば、この度(たび)は、いかにも生くまじきなり」とぞ、仰せられける。

翻刻

頼実カスキノ事
左衛門尉蔵人頼実はいみしきすき物なり和哥
に心さしふかくて五年か命をたてまつらん
秀哥よませ給へとすみよしにいのり申けり
そののち年へておもきやまひをうけたり
けるとき命いくへきいのりともしける時家/e80r
にありける女にすみよしの明神つき給て
かねていのり申事をはわすれたるか
  この葉ちるやとはききわくことそなき
  しくれするよもしくれせぬよも
といへる秀哥よませしはなんちか信をいたして
われに心さし申しゆへなりされはこのたひは
いかにもいくましき也とそおほせられける/e80l
text/mumyosho/u_mumyosho080.txt · 最終更新: 2014/10/23 18:07 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa