Recent changes RSS feed

無名抄

第76話 諸浪名

校訂本文

諸浪名

波の名はあまたあり。範綱入道がいひけるとて、人の語りしは、「『おなみ』『さなみ』『ささらなみ』『はうのてかへし』『はまならし』といふ、みなこれ波の名なり」といひけれど、いかなるをしかいふと、分きてはいはざりけり。これは、その国のその所にとりていふことにて侍るにや。歌などは、いとも見及び侍らず。

顕昭に問ひ侍りしかば、「『さなみ』『さざなみ』『ささらなみ』といふことあり。これはみな小さき波の名なり。言葉の広略なれば、時に従ひて用ゐるなり」と申し侍りしを、筑紫のしまとといふ所に通ふ者の、ことのついでに語り侍りしは、「筑紫にとりて南の方(かた)、大隅、薩摩のほど、いづれの国とかや忘れたり。大きなる港侍り。そこには、四月・五月には明け暮れ波立ちて、静まる間もなし。四月に立つをば『うなみ』といひ、五月にたつをは『さなみ』となん申し侍る」と言ひき。う月・さ月といふゆゑにや。いと興(けふ)あることなり。

翻刻

諸浪名
なみの名はあまたありのりつな入道かいひけるとて
人のかたりしはおなみさなみささらなみはうのてか
へしはまならしといふみなこれなみの名也と
いひけれといかなるをしかいふとわきてはいはさり
けりこれはその国のその所にとりていふことに
て侍にや哥なとはいともみをよひ侍らす
顕昭にとひ侍しかはさなみささなみささら
なみといふことありこれはみなちゐさきなみの/e78r
名也ことはの広略なれは時にしたかひて
もちゐるなりと申侍しをつくしのしまとと
いふ所にかよふ物のことのつゐてにかたり侍しは
つくしにとりてみなみのかたおほすみさつまの
ほといつれの国とかやわすれたりおほきなるみな
と侍りそこには四月五月にはあけくれ
波たちてしつまるまもなし四月にたつ
をはうなみといひ五月にたつをはさなみとなん
申侍といひきう月さ月といふゆへにやいとけ
ふあること也/e78l
text/mumyosho/u_mumyosho076.txt · 最終更新: 2014/10/23 15:31 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa