Recent changes RSS feed

無名抄

第74話 新古歌

校訂本文

新古歌

一には、古歌を取ること、またやうあり。古き歌の中に、をかしき詞(ことば)の歌に、立ち入れて飾りとなりぬべきを取りて、わりなく続くべきなり。例へば、

  夏か秋か問へど白玉岩根(いはね)より離れて落つる谷川の水

これら体なり。しかあるを、古歌を盗むは一の故実とばかり知りて、よきあしき詞をも見分かず、みだりに取りて、あやしげに続けたる、口惜しきことなり。いかにも現(あら)はに取るべし。ほの隠したるはいと悪(わろ)し。

また、古歌(ふるうた)にとりて、ことなる秀句をば取るべからず。なにとなく、隠(かく)ろへたる詞の、をかしくとりなしつべきを見はからふにあるなり。ある人、「空に知られぬ雪ぞ降りける」といふ古事(ふるご)とを取りて、月の歌に、「水に知られぬ氷なりけり」と詠めりしをば、「これぞまことの盗みよ。さるほどなるなましんみやうの、衣(きぬ)盗みて、小袖になして着たるやうになん思ゆ」とこそ、人申し侍りしか。

また、御所の御歌合に、暁の鹿を詠み侍りしとき、

  今来んと妻や契し長月の有明の月に牡鹿鳴くなり

この歌は、「ことがら優し」とて勝にき。されど、定家(さだいへ)の朝臣、当座にて難ぜられき。「かの素性(そせい)が歌に1)、わづかに二句こそは変りて侍れ。かやうに多く似たる歌は、その句を置きかへて、上の句を下になしなど、作り改めたるこそよけれ。これはただ本(もと)の置き所にて、胸の句と結句とばかり変れるは難とすべし」となん侍りし。

翻刻

新古歌
一には古哥をとる事又やうありふるき哥の
なかにをかしきことはの哥にたちいれてかさり
となりぬへきをとりてわりなくつつくへき
なりたとへは
  なつかあきかとへとしらたまいはねより
  はなれておつるたにかはのみつ
これら体なりしかあるを古哥をぬすむは/e75r
一の故実とはかりしりてよきあしきことは
をも見わかすみたりにとりてあやしけに
つつけたるくちをしき事也いかにもあらは
にとるへしほのかくしたるはいとわろし
又ふる哥にとりてことなる秀句をはとるへからす
なにとなくかくろへたることはのおかしくとりなし
つへきをみはからふにある也ある人そらにしられ
ぬ雪そふりけるといふふることをとりて月の哥
に水にしられぬこほりなりけりとよめりし
をはこれそまことのすぬみよさるほとなるなま/e75l
しんみやうのきぬぬすみて小袖になして
きたるやうになんおほゆとこそ人申侍しか
又御所の御哥合に暁の鹿をよみ侍しとき
  今こんとつまや契しなか月の
  ありあけの月にをしかなくなり
この哥はことからやさしとてかちにきされとさた
いへのあそん当座にてなんせられきかのそせいか
わつかに二句こそはかはりて侍れかやうにおほく
にたる哥はその句ををきかへてかみの句をしも
になしなとつくりあらためたるこそよけれこれは/e76r
たたもとのおき所にてむねの句と結句とはかり
かはれるはなんとすへしとなん侍し/e76l
1)
底本「歌に」なし。諸本により補う。
text/mumyosho/u_mumyosho074.txt · 最終更新: 2014/10/21 15:39 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa