Recent changes RSS feed

無名抄

第72話 俊恵定歌体事

校訂本文

俊恵定歌体事

俊恵いはく、「世の常のよき歌は、譬へば堅文(かたもむ)の織物のごとし。よく艶優れぬる歌は浮文(うきもん)の織物などを見るがごとく、そらに景気の浮かべるなり。

  ほのぼのと明石の浦の朝霧に島隠れ行く舟をしぞ思ふ

  月やあらぬ春や昔の春ならぬわが身ひとつはもとの身にして

これこそは、余情うち籠り、景気そらに浮びて侍れ。また、させる風情もなけれど、詞よく続けつれば、おのづから姿に飾られて、この徳を具することもあるべし。木工頭(むくのかみ)1)の歌に、

  鶉(うづら)鳴く真野の入江の浜風に尾花波寄る秋の夕暮

これも違はぬ浮文に侍べし。ただし、よき詞を続けたれど、わざと求めたるやうになりぬるをば、また、失とすべし。ある人の歌に、

  月冴ゆる氷の上に霰(あられ)降り心砕くる玉川はの里

これは譬へば、石を立つる人の、よき石をえ据ゑず2)して、小き石どもを取り集めて、めでたくさし合はせつつ立てたれど、いかにもまことの多きなる石には劣れるやうに、わざとびたるが失にて侍るなり」。

またいはく、「匡房卿歌に、

  白雲と見ゆるにしるしみよしのの吉野の山の花盛りかも

これこそはよき歌の本とは思え侍れ。させる秀句もなく、飾れる詞もなけれど、姿麗しく清げにいひ下して、たけ高く、遠白きなり。譬へば、白き色の異なる匂ひもなけれど、もろもろの色にも優れたるがごとし。よろづのこと極まりてかしこきは、淡くすさまじきなり。この体は、やすきやうにて極めて難し。一文字も違ひなば、あやしの腰折れになりぬべし。いかにも境に入らずして詠み出で難き様なり」。

またいはく、「

  心あらむ人に見せばや津の国の難波(なには)わたりの春の気色を

これは始めの歌のやうに、限りなく遠白くなどはあらねど、優(いふ)深くたをよかなり。譬へは、能書の書ける仮名の、し文字などのごとし。させる点をば加へ、筆を振へる所もなけれど、ただ安らかに、こと少なにて、しかも妙なるなり」。

またいはく、「

  思ひかね妹(いも)がりゆけば冬の夜の川風さむみ千鳥鳴くなり

この歌ばかり面影ある類(たぐひ)はなし。『六月二十六日の寛算か日も、これをだに詠ずれば寒くなる』とぞ、ある人は申し侍りし。3)

大方、優なる心・詞なれども、わざと求めたるやうに見ゆるは、歌にとりて失とすべし。ただ、結ばぬ峰の梢(こずゑ)、染めぬ野辺の草葉に、春秋につけて、花の色々を現はすがごとく、おのづから寄り来る事を、やすらかにいへるやうなるが秀歌にて侍るなり」。4)

歌には故実の体といふことあり。よき風情を思ひ得ぬとき、心のたくみにて作り立つべきやうを習ふなり。

一には、させる事なけれど、ただ詞続き、匂ひ深くいひ流しつれば、よろしく聞こゆ。

  風の音に秋の夜深く寝覚めして見果てぬ夢の名残をぞ思ふ

一には、古歌の詞のわりなきを取りて、をかしくいひなせる、またをかし。

  わが背子をかた待つ宵の秋風は荻の上葉(うはば)をよきて吹かなん

  狩人の朝伏す野辺の草若み隠ろひかねて雉子(きぎす)鳴くなり

また、聞きよからぬ詞を面白く続けなせる、わざとも秀句となる。

  播磨なる飾磨(しかま)に染むるあながちに人を恋ひしと思ふころかな

  思ひ草葉末(はずゑ)に結ぶ白露のたまたまきては手にもたまらず

一には、秀句なれど5)、ただ詞遣ひ面白く続けつれば、また、見所(みどころ)あり。

  〽6)あさてほすあづま乙女の萱筵(かやむしろ)敷き忍びても過すころかな

  葦の屋の賤機帯(しづはたおび)の片結び心やすくもうち解くるかな

  〽7)今ははや天の戸渡る月の舟また村雲に島隠れすな

翻刻

俊恵定哥体事
俊恵云よのつねのよき哥はたとへはかたもむのおり
物のことしよく艶すくれぬる哥はうき文
のおり物なとをみるかことくそらに景気の
うかへる也
  ほのほのとあかしの浦のあさきりに
  しまかくれゆくふねをしそおもふ/e69l
  月やあらぬ春やむかしのはるならぬ
  我身ひとつはもとの身にして
これこそは余情うちこもり景気そらにうかひて
侍れ又させる風情もなけれとことはよくつつけ
つれはおのつからすかたにかさられてこの徳を
くすることもあるへしむくのかみの哥に
  うつらなくまのの入江のはまかせに
  をはななみよるあきのゆふくれ
これもたかはぬうき文に侍へしたたしよき
ことはをつつけたれとわさともとめたるやうに/e70r
なりぬるをは又失とすへしある人の哥に
  月さゆるこほりのうへにあられふり
  心くたくるたまかはのさと
これはたとへは石をたつる人のよき石をゑすへ
すしてちゐさき石ともをとりあつめてめてたく
さしあはせつつたてたれといかにもまことのおほ
きなるいしにはをとれるやうにわさとひたるか失
にて侍なり
又云匡房卿哥に
  しら雲とみゆるにしるしみよしのの
    よしのの山のはなさかりかも/e70l
これこそはよき哥の本とはおほえ侍させる
秀句もなくかされることはもなけれとすかた
うるはしくきよけにいひくたしてたけたかく
とをしろき也たとへはしろき色のことなる
にほひもなけれともろもろの色にもすくれたるか
ことしよろつのこときはまりてかしこきは
あはくすさましき也この体はやすきやうに
てきはめてかたしひともしもたかひなはあやし
のこしをれになりぬへしいかにもさかひに
いらすしてよみいてかたきさまなり/e71r
又云
  こころあらむ人にみせはや津の国の
  なにはわたりのはるのけしきを
これははしめの哥のやうにかきりなくとをしろ
くなとはあらねといふふかくたをよかなりたとへは
能書のかけるかなのしもしなとのことしさせ
る点をはくわへふてをふるへる所もなけれと
たたやすらかにことすくなにてしかもたへなる也
又云
おもひかねいもかりゆけは冬の夜の
河風さむみちとりなくなり/e71l
この哥はかりおもかけあるたくひはなし六月廿六日
の寛算か日もこれをたに詠すれはさむく
なるとそある人は申侍し
おほかたいふなる心ことはなれともわさともとめたる
やうにみゆるは哥にとりて失とすへしたたむす
はぬみねのこすゑそめぬ野辺の草葉にはる
あきにつけて花のいろいろをあらはすかことくおの
つからよりくる事をやすらかにいへるやうなるか
秀哥にて侍なり
哥には故実の体といふことありよき風情をおも/e72r
ひゑぬとき心のたくみにてつくりたつへきやうを
ならふ也一にはさせる事なけれとたたことはつつ
きにほひふかくいひなかしつれはよろしくきこゆ
  風のおとに秋のよふかくねさめして
  みはてぬ夢のなこりをそおもふ
一には古哥のことはのわりなきをとりてをかしく
いひなせる又をかし
  わかせこをかたまつよひのあき風は
  おきのうははをよきてふかなん
  かり人のあさふす野辺の草わかみ
  かくろひかねてききすなくなり/e72l
又ききよからぬことはをおもしろくつつけ
なせるわさとも秀句となる
  はりまなるしかまにそむるあなかちに
  人をこひしとおもふころかな
  おもひ草はすゑにむすふしら露の
  たまたまきては手にもたまらす
一には秀句なれとたたことはつかひをもしろく
つつけつれは又みところあり
  〽あさてほすあつまおとめのかやむしろ/e73r
  しきしのひてもすこすころかな
  あしのやのしつはたおひのかたむすひ
  心やすくもうちとくるかな
  〽今ははやあまのとわたる月のふね
  また村雲にしまかくれすな/e73l
1)
藤原俊頼
2)
諸本、「得ず」
3)
底本、ここで改行する。
4)
底本、ここで改行。次の段落より次話とする本もあるが、底本には朱書の標題がない。
5)
諸本「秀句ならねど」
6) , 7)
底本、朱書で庵点
text/mumyosho/u_mumyosho072.txt · 最終更新: 2014/10/21 15:10 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa