Recent changes RSS feed

無名抄

第61話 俊成清輔歌判有偏頗事

校訂本文

俊成清輔歌判有偏頗事

顕昭いはく、「このごろの和歌の判は、俊成卿・清輔朝臣、左右(さう)なきことなり。しかあるを、共に偏頗ある判者なるにとりて、その様(やう)の変りたるなり。俊成卿は、『われも僻事(ひがごと)をす』と思ひ給ひつる気色(けしき)にて、いともあらがはず、『世の中の習ひなれば、さなくもいかがは』などやうに言はれき。清輔朝臣は、外相はいみじう清廉なるやうにて、偏頗といふことつゆも気色に現さず。おのづから人の傾(かたぶ)くことなどもあれば、気色を誤りて、あらがひ論ぜられしかば、人の皆そのよしを心得て、さらに言ひ出づることもなかりき」。

翻刻

俊成清輔哥判有偏頗事
顕昭云この比の和哥の判は俊成卿清輔朝臣さう
なきこと也しかあるをともに偏頗ある判者なる/e50r
にとりてそのやうのかはりたるなり俊成卿はわれも
ひか事をすとおもひ給つるけしきにていともあら
かはす世中のならひなれはさなくもいかかはなとや
うにいはれき清輔朝臣は外相はいみしう清廉
なるやうにて偏頗といふことつゆもけしきに
あらはさすおのつから人のかたふくことなともあれは
けしきをあやまりてあらかひ論せられしかは
人のみなそのよしを心えてさらにいひいつることも
なかりき/e50l
text/mumyosho/u_mumyosho061.txt · 最終更新: 2014/10/05 03:42 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa