Recent changes RSS feed

無名抄

第60話 俊恵秀歌

校訂本文

俊恵秀歌

1)そのついでに、「わが歌の中に、

  み吉野の山かき曇り雪降れば麓(ふもと)の里はうちしぐれつつ

これをなん、かのたぐひにせんと思ひ給ふる。もし、世の末におぼつかなく言ふ人もあらば、『かくこそ言ひしか』と語り給へ」とぞ。

翻刻

なりとそそのつゐてにわか哥の中に
  俊恵秀歌
  みよしのの山かきくもりゆきふれは
  ふもとのさとはうちしくれつつ
これをなんかのたくひにせんとおもひ給ふるもし
世のすゑにおほつかなくいふ人もあらはかくこそいひ
しかとかたり給へとそ/e50r
text/mumyosho/u_mumyosho060.txt · 最終更新: 2014/10/05 03:22 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa