Recent changes RSS feed

無名抄

第59話 俊恵難俊成秀歌事

校訂本文

俊恵難俊成秀歌事

1)「かの歌は『身にしみて』といふ腰の句のいみじう無念に思ゆるなり。これほどになりぬる歌は、景気をいひ流して、『ただそらに身にしみけんかし』と思はせたるこそ、心にくくも優(いふ)にも侍れ。いみじくいひもてゆきて、歌の詮とすべき節を、さはさはといひあらはしたれば、無下(むげ)にこと浅くなりぬるなり」とぞ。2)

翻刻

俊恵難俊成秀哥事
かの哥は身にしみてといふこしの句のいみしう無念
におほゆる也これほとになりぬる哥は景気を
いひなかしてたたそらに身にしみけんかしと
おもはせたるこそ心にくくもいふにも侍れいみしく/e49l
いひもてゆきて哥の詮とすへきふしをさはさはと
いひあらはしたれはむけにことあさくなりぬる
なりとそそのつゐてにわか哥の中に/e50r
2)
第60話 俊恵秀歌に続く。底本、「ぞ」で改行していないが、次の標題が朱書されている。
text/mumyosho/u_mumyosho059.txt · 最終更新: 2014/10/03 23:25 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa