Recent changes RSS feed

無名抄

第58話 俊成自讃歌事

校訂本文

俊成自讃歌事

俊恵いはく、「五条三位入道のみもとにまでたりしついでに、『御詠の中にはいづれをか優れたりと思す1)。人はよそにて様々(やうやう)に定め侍れど、それをば用ゐ侍るべからず。まさしく承はらん」と聞こえしかば、

  『夕されば野辺の秋風身にしみて鶉(うづら)鳴くなり深草の里

これをなん、身にとりて面歌(おもてうた)と思ひ給ふる』と言はれしを、俊恵またいはく、『世あまねく人の申し侍るには、

  面影に花の姿を先立てて幾重(いくえ)越え来ぬ峰の白(しら)雲

これを優れたるやうに申し侍るはいかに』と聞こゆ。『いさ、よそにはさもや定め侍らん。知り給へず。なほ、みづからは先の歌には言ひ較ぶべからず』とぞ侍し」と語りて、これをうちうちに申ししは、2)

翻刻

俊成自讃哥事
俊恵云五条三位入道のみもとにまてたりし
つゐてに御詠のなかにはいつれをかすくれたりとおも
ふす人はよそにてやうやうにさため侍れとそれをは
もちゐ侍へからすまさしくうけ給はらんときこえしかは
  ゆふされは野辺の秋風身にしみて
  うつらなくなりふかくさのさと
これをなん身にとりておもて歌とおもひ給ふると
いはれしを俊恵又云世あまねく人の申侍には/e49r
  おもかけに花のすかたをさきたてて
  いくへこえきぬみねのしら雲
これをすくれたるやうに申侍はいかにときこゆいさ
よそにはさもやさため侍らんしり給へすなをみつか
らはさきの歌にはいひくらふへからすとそ侍しと
かたりてこれをうちうちに申しは/e49l
1)
「思す」、底本「おもふす」。諸本により訂正
text/mumyosho/u_mumyosho058.txt · 最終更新: 2014/10/11 18:15 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa