Recent changes RSS feed

無名抄

第56話 頼政歌道にすける事

校訂本文

頼政歌道にすける事

俊恵いはく、「頼政卿はいみじかりける歌仙なり。心の底まで歌になりかへりて、常にこれを忘れず心にかけつつ、鳥の一声鳴き、風のそそと吹くにも、まして花の散り、葉の落ち、月の出入、雨・雪などの降るにつけても、立居(たちゐ)起き臥しに風情をめぐらさずといふことなし。まことに秀歌の出で来るも理(ことわり)とぞ思え侍りし。かかれば、しかるべき時名上げたる歌ども、多くは擬作1)にてありけるとかや。大方(おほかた)の会の座に連なりて、歌うち詠じ、良き悪しき理(ことわり)などせられたる気色(けしき)も、深く心に入れる事と見えていみじかりしかば、かの人のある座には何事もはえあるやうに侍りしなり」。

翻刻

頼政哥道ニスケル事
俊恵云頼政卿はいみしかりける哥仙也心のそこま
て哥になりかへりてつねにこれをわすれす心に
かけつつ鳥の一声なき風のそそとふくにも
まして花のちり葉のをち月の出入あめ雪な
とのふるにつけてもたちゐおきふしに風情
をめくらさすといふことなしまことに秀哥の/e48r
いてくるもことはりとそおほえ侍しかかれはしかるへき
とき名あけたる哥ともおほくは凝作にてありけると
かやおほかたの会の座につらなりて哥うち詠しよ
きあしきことはりなとせられたるけしきもふかく
心にいれる事とみえていみしかりしかはかの人の
ある座にはなにこともはゑあるやうに侍し也/e48l
1)
底本「凝作」。諸本により訂正
text/mumyosho/u_mumyosho056.txt · 最終更新: 2014/10/11 00:18 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa