Recent changes RSS feed

無名抄

第54話 近代会狼藉事

校訂本文

近代会狼藉事

1)このごろ、人々の会に連なりてみれば、まづ、会所のしつらひより始めて、人の装束のうち解けたる様(さま)、各々(おのおの)が気色有様(けしきありさま)、乱れがはしきこと限りなし。いみじう十日、二十日(はつか)かけて題を出だしたれど、日ごろは何わざをしけるにか、当座にのみ歌を案じて、すずろに夜を更かして、興(けう)をさまし、披講(ひかう)の時を分かず、心々に物語をし、先達にも恥ぢず、面々に証得したる気色どもは甚(はなはだ)しけれど、げに歌の様を知りて讃(ほ)め謗(そし)る人は無し。まれまれ古き人の良き悪しきを定むるも、人の気色をはからひ、偏頗を先(さき)としたれば、案ずるにつけてもあぢきなく、よろしき歌を詠めるにつけても、夜の錦に異ならず。高く詠ずるを良きこととて、首筋をいららかし、声をよりあはせたる様など、いみじう心づきなし。すべて賑(にぎ)ははしきにつけても品(しな)なく、優しがるにつけてもわざとびたり。げには人の心の底まで好かずして、ただ人まねに道を好む故(ゆゑ)なめりとぞ思え侍る」とぞ。

翻刻

近代会狼藉事
この比人々の会につらなりてみれはまつ会所の
しつらひよりはしめて人の装束のうちとけたる
さまをのをのかけしきありさまみたれかはしき事
かきりなしいみしう十日はつかかけて題をいたし/e46l
たれと日比はなにわさをしけるにか当座にのみ
哥をあんしてすすろに夜をふかしてけふを
さましひかうのときをわかす心々に物語をし
先達にもはちす面々に証得したるけしき
ともははなはたしけれとけに哥のさまをしり
てほめそしる人はなしまれまれふるき人の
よきあしきをさたむるも人のけしきをはか
らひ偏頗をさきとしたれは案するにつけて
もあちきなくよろしき哥をよめるにつけても
よるのにしきにことならすたかく詠するをよ/e47r
きこととてくひすちをいららかしこゑをより
あはせたるさまなといみしう心つきなしすへてにき
ははしきにつけてもしななくやさしかるにつけて
もわさとひたりけには人の心のそこまてすかす
してたた人まねにみちをこのむゆへなめりとそ
おほえ侍とそ/e47l
text/mumyosho/u_mumyosho054.txt · 最終更新: 2014/10/02 21:18 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa