Recent changes RSS feed

無名抄

第50話 歌人は不可証得事

校訂本文

歌人は不可証得事

俊恵に和歌の師弟の契結び侍りし始めの言葉にいはく、「歌はきはめたる故実の侍るなり。われをまことに師と頼まれば、このこと違(たが)へらるな。そこは必ず末の世の歌仙にていますかる1)べきうへに、かやうに契をなさるれば申し侍るなり。あなかしこ、あなかしこ、われ、人に許さるるほどになりたりとも、証得して、われは気色(きそく)したる歌詠み給ふな。ゆめあるまじきことなり。後徳大寺の大臣(おとど)は、左右無き手2)だりにていませしかど、その故実なくて、今は詠み口後手になり給へり。そのかみ、前(さき)の大納言などきこえし時、道を執し、人を恥ぢて、磨き立てたりし時のままならば、今は肩並ぶ人、少なからまし。『われ至りにたり』とて、この比詠まるる歌は少しも思ひ入れず、やや心づきなき詞(ことば)うち混ぜたれば、何によりてかは秀歌も出でこん。秀逸なければ、また人用ゐず。歌は当座にこそ、人がらによりて、良くも悪しくも聞こゆれど、後朝に今一度3)静かに見たる度(たび)は、さはいへども、風情も籠り姿も素直なる歌こそ見通しは侍れ。かく聞こゆるは、をこの例(ためし)なれど、俊恵はこのごろも、ただ初心のころのごとく、歌を案じ侍りぬ。わが心をば次にして、あやしけれど、人の讃(ほ)めも謗(そし)りもするを用ゐ侍るなり。これは古き人の教へ侍りしことなり。この事保てる験(しるし)にや、さすがに老い果てたれど、俊恵を『詠み口ならず』と申す人は無きぞかし。また、異事(ことご)とにあらず。この故実を誤(あやま)たぬゆゑなり」。

翻刻

哥人ハ不可証徳事
俊恵に和哥の師弟の契むすひ侍しはしめの
ことはにいはく歌はきはめたる故実の侍也われを
まことに師とたのまれはこのことたかへらるなそこは
かならすすゑの世の哥仙にていますかる(本ノママ)へきう
へにかやうに契をなさるれは申侍也あなかしこあなかしこ
われ人にゆるさるるほとになりたりとも証得し
てわれはきそくしたる哥よみ給なゆめある
ましきこと也後徳大寺のおととは無左右手/e43l
たりにていませしかとその故実なくて今は
よみくち後てになり給へりそのかみさきの大納言
なときこえし時道を執し人をはちてみかき
たてたりし時のままならは今はかたならふ
人すくなからましわれいたりにたりとてこの比
よまるる哥はすこしもおもひいれすやや心つき
なきことはうちませたれはなにによりてかは
秀哥もいてこん秀逸なけれは又人もちゐす哥は
当座にこそ人からによりてよくもあしくもきこ
ゆれと後朝に今一座しつかにみたるたひはさはいへ/e44r
とも風情もこもりすかたもすなをなる哥こそ
みとをしは侍れかくきこゆるはおこのためしなれと
俊恵はこの比もたた初心の比のことく哥を案し侍ぬ
わか心をはつきにしてあやしけれと人のほめもそ
しりもするをもちゐ侍也これはふるき人のおし
へ侍しことなりこの事たもてるしるしにやさす
かにをいはてたれと俊恵をよみくちならすと申
人はなきそかし又ことことにあらすこの故実をあやまたぬゆへ也/e44l
1)
底本「かる」に傍注「本ノママ」
2)
底本「無左右手」
3)
底本「座」。諸本により訂正
text/mumyosho/u_mumyosho050.txt · 最終更新: 2014/09/30 03:16 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa