Recent changes RSS feed

無名抄

第49話 代々恋中の秀歌

校訂本文

代々恋中の秀歌

俊恵語りていはく、「故左京大夫顕輔語りていはく、『後拾遺の恋の歌の中には、

  夕暮は待たれしものを今はただ行くらむ方を思ひこそやれ

これを面歌(おもてうた)と思へり。金葉集には、

  待ちし夜の更けしを何に歎きけん思ひ絶えても過ぐしける身を

これを優れたる恋とせり。わが撰べる詞花集には、

  忘らるる人目ばかりを歎きにて恋ひしきことのなからましかば

この歌をかの類(たぐひ)にせんとなん思ひ給ふる。いとかれらにも劣らず、けしうはあらずこそ侍れ』と言はれけり。しかあるを、俊恵が歌苑抄の中には、

  ひと夜とて夜離(よが)れし床の小筵(さむしろ)にやがても塵の積りぬるかな

これをなむ面歌と思ひ給ふる。いかが侍らん」とぞ。

今、これらに心付きて、新古今を見れば、わが心に優れたる歌、三首見ゆ。いづれとも分きがたし。後の人定むべし。

  かくてさは命や限りいたづらに寝ぬ夜の月の影をのみ見て

  野辺の露色もなくてやこぼれつる袖より過ぐる荻(おぎ)の上風(うはかぜ)

  帰るさのものとや人の眺むらむ待つ夜ながらの有明の月

俊恵いはく、「顕輔卿の歌に

  逢ふと見てうつつのかひはなけれどもはかなき夢ぞ命なりける

この歌を、俊頼朝臣、感じていはく、『これは椋(むく)の葉磨きして、鼻脂(はなあぶら)ひける御歌なり。世の人ならば、『うつつのかひはなけれどもはかなき夢ぞ嬉しかりける』とぞ詠ままし。誰(た)がかくは詠まん』とぞ、讃められける」。

翻刻

代々恋中ノ秀哥
俊恵語云故左京大夫顕輔語云後拾遺の恋の
哥の中には/e41l
  ゆふくれはまたれし物を今はたた
  ゆくらむかたをおもひこそやれ
これをおもて哥とおもへり金葉集には
  まちし夜のふけしをなにになけきけん
  おもひたえてもすくしけるみを
これをすくれたる恋とせりわかゑらへる詞花集
には
  わすらるる人めはかりをなけきにて
  こひしきことのなからましかは
この哥をかのたくひにせんとなんおもひ給ふる/e42r
いとかれらにもおとらすけしうはあらすこそ侍と
いはれけりしかあるを俊恵か哥苑抄の中には
  ひと夜とてよかれしとこのさむしろに
やかてもちりのつもりぬるかな
これをなむおもて哥とおもひ給ふるいかか侍らんとそ
今これらに心つきて新古今をみれはわか心に
すくれたる哥三首みゆいつれともわきかたし
後の人さたむへし
  かくてさは命やかきりいたつらにねぬ夜の月のかけをのみ見て/e42l
  野辺のつゆ色もなくてやこほれつる
  袖よりすくるおきのうはかせ
  かへるさの物とや人のなかむらむ
  まつよなからのありあけの月
俊恵云顕輔卿の哥に
  あふと見てうつつのかひはなけれとも
  はかなき夢そいのちなりける
この哥を俊頼朝臣感していはくこれはむくの葉
みかきしてはなあふらひける御哥也よの人
ならはうつつのかひはなけれともはかなきゆめ/e43r
そうれしかりけるとそよまましたかかくは
よまんとそほめられける/e43l
text/mumyosho/u_mumyosho049.txt · 最終更新: 2014/10/03 21:25 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa