Recent changes RSS feed

無名抄

第48話 静縁こけうたよむ事

校訂本文

静縁こけうたよむ事

静縁法師、みづからが歌を語りていはく、「

  鹿の音(ね)を聞くにわれさへ泣かれぬる谷の庵は住み憂かりけり

とこそつかうまつりて侍れ。いかが侍る」と言ふ。

予がいはく、「よろしく侍り。ただし『泣かれぬる』といふ詞(ことば)こそ、あまりこけ過ぎて、いかにぞや思え侍れ」と言ふを、静縁法師いはく、「その詞をこそこの歌の詮とは思ひ給ふるに、この難はことの外にこそ思え侍る」とて、「いみじく悪(わろ)く難ずる」と思ひげにて去りぬ。

「よしなく思ゆるままに物を言ひて、心すべかりけることを」と悔(くや)しく思ふほどに、十日ばかりありて、また来たりて言ふやう、「一日の歌、難じ給ひしを、隠れごとなし、心得ず思ひ給へて、いぶかしく思え侍りしままに、さはいふとも、『大夫公のもとに行(ゆ)きてこそ、わが僻事(ひがごと)は切らめ1)』と思ひて、行きて語り侍りしかば、『なでう御房(みはう)のかかるこけ哥詠まるるぞとよ。『泣かれぬる』とは何ごとぞ。さまでなの心根や』となん、はしたなめられて侍りし。されば、よく難じ給ひけり。我悪しく心得たりけるぞ。おこたり申しにまうでたるなり」と言ひて、帰り侍りにき。

心の清さこそありがたく侍れ。

翻刻

静縁コケウタヨム事
静縁法師みつからか哥をかたりていはく
  しかのねをきくにわれさへなかれぬる
  たにのいほりはすみうかりけり/e40l
とこそつかうまつりて侍れいかか侍といふ予か云
よろしく侍りたたしなかれぬるといふことはこそ
あまりこけすきていかにそやおほえ侍れといふ
を静縁法師云そのことはをこそこの哥の詮とは
思給ふるにこの難はことの外にこそおほえ侍とて
いみしくわろく難するとおもひけにてさりぬ
よしなくおほゆるままに物をいひて心すへかり
けることをとくやしくおもふほとに十日はか
りありて又きたりていふやう一日の哥難し
給しをかくれことなし心えすおもひ給へていふか
しくおほえ侍しままにさはいふとも大夫公の/e41r
もとにゆきてこそ我ひか事はきらめと思て
ゆきてかたり侍しかはなてうみはうのかかる
こけ哥よまるるそとよなかれぬるとはなにことそ
さまてなの心ねやとなんはしたなめられて侍し
されはよく難し給けり我あしく心えたりけるそ
をこたり申にまうてたるなりといひてかへり侍にき
心のきよさこそありかたく侍れ/e41l
1)
「わが」以下、諸本「わが僻事を思ふか、人の悪しく難じ給ふか、ことは切らめ」。一行脱落か。
text/mumyosho/u_mumyosho048.txt · 最終更新: 2014/09/26 20:39 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa