Recent changes RSS feed

無名抄

第44話 歌詞の糟糠

校訂本文

歌詞の糟糠

二条中将(雅経1))談りていはく、「歌には、この文字のなくもがなと思ゆることのあるなり。兼資といふ者の歌に、

  月は知るや憂き世の中のはかなさを眺めてもまたいくめぐりかは

これはよろしく詠めるにとりて、『世の中』の『なか』といふ二つ文字がいみじう悪(わろ)きなり。ただ、『憂き世のはかなさ』をといはまほしきなり。

また、頼政卿の歌に、

  澄みのぼる月の光に横切れて渡るあきさの音の寒けさ

これも『ひかり』といふ三文字の悪きなり。『月に横切れて』とあらば、今少しきらきらしく聞こゆべきなり。この詞をば歌の中の傷とやいふべからむ。深く思ひ思ひ入れざらん人はわきまへがたし」。

翻刻

哥詞ノ糟糠/e37r
二条中将(雅経)談云哥にはこの文字のなくも
かなとおほゆることのあるなり兼資といふ物の哥に
  月はしるやうき世の中のはかなさを
  なかめても又いくめくりかは
これはよろしくよめるにとりて世の中のなかと
いふふたつの文字かいみしうわろき也たたうき
世のはかなさをといはまほしき也
又頼政卿の哥に
  すみのほる月のひかりによこきれて
  わたるあきさのをとのさむけさ/e37l
これもひかりといふ三文字のわろき也月によこ
きれてとあらは今すこしきらきらしくきこ
ゆへきなりこの詞をは哥のなかのきすとや
いふへからむふかくおもひいれさらん人はわき
まへかたし/e38r
1)
底本割注
text/mumyosho/u_mumyosho044.txt · 最終更新: 2014/09/24 13:34 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa