Recent changes RSS feed

無名抄

第43話 上の句劣れる秀歌

校訂本文

かみの句をとれる秀歌

俊恵いはく、「歌は秀句を思ひ得たれども、末(すゑ)いひかなふることの難きなり。後徳大寺左府の御歌に、

  なごの海の霞の間より眺むれば入る日を洗ふ沖つ白波

頼政卿の歌に

  住吉の松の木間(こま)より眺むれば月落ちかかる淡路島山

この両首、ともに上の句思ふやうならぬ哥なり。『入る日を洗ふ』といひ、『月落ちかかる』などいへる、いみじき詞なれど、胸・腰の句をば、えいひかなへず。遺恨のことなり」。

翻刻

カミノ句ヲトレル秀哥
俊恵云哥は秀句をおもひゑたれともすゑいひ
かなふることのかたきなり後徳大寺左府の御哥に/e36l
  なこのうみのかすみのまよりなかむれは
  いる日をあらふおきつしらなみ
頼政卿の哥に
  すみよしの松のこまよりなかむれは
  月をちかかるあはちしまやま
此両首ともにかみのくおもふやうならぬ哥也
いる日をあらふといひ月をちかかるなといへる
いみしき詞なれとむねこしの句をはゑいひか
なへす遺恨のことなり/e37r
text/mumyosho/u_mumyosho043.txt · 最終更新: 2014/09/23 20:43 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa