Recent changes RSS feed

無名抄

第42話 蘇合の姿

校訂本文

蘇合のすがた

そもそも、楽の中に蘇合といふ曲あり。これを舞ふには、五帖まで帖々をきれぎれに舞ひ終りて後、破を舞ふ。やがて続けて急を舞ふべきに、急の始め一反をば、まことに舞ふことなし。形のごとく拍子ばかりに足を踏み合はせて、うち休みつつ、二反の始めよりうるわしくて舞ふなり。

このけすらひは、違はぬ半臂(はんぴ)の句の心なり。歌と楽と道異なれど、めでたきことはおのづから通(かよ)へるなるべし。通はして知らざらん人は、何とかは思ひ分かむ。形のごとく、両方を心得て思ふためには、殊(こと)に興1)あることなり。

されば、蘇合をば「半臂の句ある舞ひ」といふ。この歌のさまをば「蘇合の姿」ともいひてんかし。

翻刻

蘇合ノスカタ
抑楽の中に蘇合といふ曲ありこれをまふ
には五帖まて帖々をきれきれにまひおはりて
のち破をまふやかてつつけてきうをまふへきに
急のはしめ一反をはまことにまふことなしかたの
ことく拍子はかりにあしをふみあはせてうち/e36r
やすみつつ二反のはしめよりうるわしくてまふ也
このけすらひはたかはぬ半臂の句の心也哥と楽と
みちことなれとめてたきことはおのつからかよへるなる
へしかよはしてしらさらん人はなにとかはおもひ
わかむかたのことく両方を心ゑておもふためには
ことに典興あることなりされは蘇合をは半臂の
句あるまひといふこの哥のさまをは蘇合のすかたとも
いひてんかし/e36l
1)
底本「典興」。字形の類似による衍字か。諸本に「典」がないのに従う。
text/mumyosho/u_mumyosho042.txt · 最終更新: 2014/09/23 20:29 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa