Recent changes RSS feed

無名抄

第36話 女の歌よみかけたる故実

校訂本文

女の歌よみかけたる故実

勝命談(かた)りていはく、「しかるべき所などにて、無心なる女房などの歌詠みかけたる、無術(すべなき)こと多かり。それは故実のあるなり。まづ、聞かぬよしに空おぼめきして、たびたび問ふ。されば、後には恥ぢしらひて、さだかにも言はず。これを扱ふほどに、返し思ひ得たれば言ひつ。詠み得べくもあらねば、やがておぼめきてやみぬる、一つのことなり。また、なま宮仕へ人にもあれ、さるべきざれたる女などの、添へごとと名付けて、聞き知らぬ歌の一両句などを言ひ懸くることあり。もし心得たれば、いかにも言ひつべし。知らぬことならば、ただ『よも、さしも思されじ』など、うち言ひてあるべし。これはいづ方にも違はぬ事なり。深く思ふぞといふ心にも、また、憂し・辛しといふ心にも、おのづから通用しつべし。心づきなきよしに言ひたらんにこそ、心をやりたるやうなるべけれ。それもざれたる戯れに言ひなせる様(さま)にもなりぬべき也

翻刻

女ノ歌ヨミカケタル故実
勝命談云しかるへき所なとにて無心なる女坊なと
の哥よみかけたる無術ことおほかりそれは/e31l
故実のあるなりまつきかぬよしにそらおほめき
してたひたひとふされはのちにははちしらひて
さたかにもいはすこれをあつかふほとにかへしおもひ
えたれはいひつよみうへくもあらねはやかておほめきて
やみぬるひとつのこと也又なまみやつかへ人にも
あれさるへきされたる女なとのそへこととなつけて
ききしらぬ哥の一両句なとをいひかくることあり
もし心えたれはいかにもいひつへししらぬことならは
たたよもさしもおほされしなとうちいひてある
へしこれはいつかたにもたかはぬ事なりふかくおも/e32r
ふそといふ心にもまたうしつらしといふ心にもおの
つから通用しつへし心つきなきよしにいひたらん
にこそ心をやりたるやうなるへけれそれもされたる
たはふれにいひなせるさまにもなりぬへき也/e32l
text/mumyosho/u_mumyosho036.txt · 最終更新: 2014/09/21 03:47 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa