Recent changes RSS feed

無名抄

第35話 艶書に古歌書く事

校訂本文

艶書に古歌かく事

ある人、女のもとより文(ふみ)を得たり。その文に歌二首あり。「これ返しして給はせよ」と誂(あつら)へ侍るを見れば、二首ながら古今の恋の歌なり。返しをすべきにあらず。「いかがせまし」と思ひめぐらして、その言はまほしき心にかなへる古歌(ふるうた)二首をなん教へて書かせて侍りし。

この事を、ある古き人に語り侍りしかば、「いみじきことなり。昔、色好みの、わざとも好みてしけるわざなり。知らぬを推し量らひたること、往事にかなへる。優(いう)なることなり」となむ、感じ侍りし。

翻刻

艶書ニ古哥カク事
ある人女のもとよりふみをゑたりその文に哥
二首ありこれかへしして給はせよとあつらへ侍を
みれは二首なから古今の恋のうたなりかへし/e31r
をすへきにあらすいかかせましとおもひめくらして
そのいはまほしき心にかなへるふる哥二首をなん
をしへてかかせて侍しこの事をあるふるき
人にかたり侍しかはいみしきことなりむかしいろ
このみのわさともこのみてしけるわさなりしら
ぬををしはからひたること往事にかなへるいふ
なることなりとなむ感し侍し/e31l
text/mumyosho/u_mumyosho035.txt · 最終更新: 2014/09/20 21:32 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa