Recent changes RSS feed

無名抄

第33話 琳賢基俊をたばかる事

校訂本文

琳賢基俊をたばかる事

いかなりける時にか、琳賢は基俊と仲の悪しかりければ、「たばからん」と思ひて、ある時、後撰の恋の歌の中に、人も知らず耳遠きが限り、廿首を選り出だして、書き番(つが)ひて、かの人のもとへ持(も)て往にけり。

「ここに人の異様(ことやう)なる歌合をして、勝負(かちまけ)を知らまほしくつかまつるに、付けて給はらん」とて、取り出でたりければ、これを見て、後撰の歌といふ事、ふつと思ひもよらず、思ふさまに様々(やうやう)に難ぜられたりけるを、ここかしこに持て歩(あり)きて、「左衛門佐にあひ申したれば、梨壺の五人が計らひも物ならず。あはれ、上古にもすぐれ給へる歌仙かな。これ見給へ」とて軽慢しければ、見る人、いみじう笑ひけり。

基俊、返り聞きて、やすからず思はれけれど、かひなかりけり。

翻刻

琳賢基俊ヲタハカル事
いかなりけるときにか琳賢は基俊となかのあし
かりけれはたはからんとおもひてあるとき後撰の
恋の哥の中に人もしらすみみとをきかかきり
廿首をゑりいたしてかきつかひてかの人のもとへ
もていにけりここに人のことやうなる哥合をして
かちまけをしらまほしくつかまつるにつけて給/e29l
はらんとてとりいてたりけれはこれをみて
後撰の哥といふ事ふつとおもひもよらすおもふ
さまにやうやうに難せられたりけるをここかしこに
もてありきて左衛門佐にあひ申たれはなしつほ
の五人かはからひもものならすあはれ上古にも
すくれ給へる哥仙かなこれみ給へとて軽慢し
けれはみる人いみしうわらひけり基俊かへり
ききてやすからすおもはれけれとかひなかりけり/e30r
text/mumyosho/u_mumyosho033.txt · 最終更新: 2014/09/20 18:25 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa