Recent changes RSS feed

無名抄

第29話 同人歌に名字をよむ事

校訂本文

同人歌に名字をよむ事

法性寺殿に会ありけるとき、俊頼朝臣参りたりけり。兼昌講師(かうじ)にて歌読み上ぐるに、俊頼の歌に名を書かさりければ、見合はせて、うちしわぶきて、「御名はいかに」と忍びやかに言ひけるを、「ただ読み給へ」と言はれければ、読みける歌に、

  卯の花の身の白髪とも見ゆるかな賤(しづ)が垣根も俊頼にけり

と書きたるを、兼昌、した泣きして、しきりにうなづきつつ、めで感じけり。殿、聞かせ給ひて、召して御覧じて、いみじう興(けう)ぜさせ給ひけりとぞ。

かの歌の題を歌一首に詠みたりけむ心ばせは、やや勝りてこそ侍れ。

翻刻

同人哥に名字ヲヨム事
法性寺殿に会ありけるとき俊頼朝臣まいりたり
けり兼昌かうしにて哥よみあくるにとしよりの/e26l
哥に名をかかさりけれはみあはせてうちしわふきて
御名はいかにとしのひやかにいひけるをたたよみ給へと
いはれけれはよみける哥に
  うのはなの身のしらかともみゆるかな
  しつかかきねも俊頼にけり
とかきたるを兼昌したなきしてしきりにうな
つきつつめてかんしけり殿きかせ給てめして御
らんしていみしうけうせさせ給けりとそかの哥の
題をうた一首によみたりけむ心はせはややまさり
てこそ侍れ/e27r
text/mumyosho/u_mumyosho029.txt · 最終更新: 2014/09/16 15:15 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa