Recent changes RSS feed

無名抄

第27話 貫之躬恒勝劣

校訂本文

貫之躬恒勝劣

俊恵法師、語りていはく、「三条の大相国、非違(ひゐ)の別当と聞こえけるとき、二条の帥と二人の人、躬恒・貫之が劣り勝りを論ぜられけり。かたみに、様々言葉を尽して争はれけれど、さらに事切るべくもあらざりければ、帥、いぶかしく思ひて、『御気色とりて、勝劣切らん』とて、白河院に御気色給はる。仰せていはく、「我はいかでか定めむ。俊頼などに問へかし』と仰せごとありければ、ともにその便(びん)を待たれけるほどに、二三日ありて、俊頼参りにたりけり。帥、このことを語り出て、初め争ひそめしより、院の仰せのおもむきまで語られければ、俊頼聞きて、度々(たびたび)うちうなづきて、『躬恒をばなあなづらせ給ひそ』と言ふ。帥、思ひの外に思えて、『されば貫之が劣り侍るか。事を切り給べきなり』と責めけれど、なほなほ、ただ同じやうに『躬恒をばあなづらせ給ふまじきぞ』と言ひければ、『思しし事柄(ことがら)聞こえ侍りにたり。おのれが負けになりぬるにこそ』とて、辛(から)きことにせられけり。まことに躬恒が詠み口、深く思ひ入れたる方は、また、たぐひなき物なり」とぞ。

翻刻

貫之躬恒勝劣
俊恵法師語云三条の大相国、ひゐの別当とき
こえけるとき二条の帥とふたりの人みつねつらゆき
かをとりまさりを論せられけりかたみにさまさま
ことはをつくしてあらそはれけれとさらに事きる
へくもあらさりけれは帥いふかしくおもひて
御気色とりて勝劣きらんとて白河院に御
気色給はる仰云われはいかてかさためむとしより/e25r
なとにとへかしとおほせことありけれはともに
そのひんをまたれけるほとに二三日ありて
俊頼まいりにたりけり帥このことをかたり出て
はしめあらそひそめしより院の仰のおもむき
まてかたられけれは俊頼ききてたひたひうちうなつ
きてみつねをはなあなつらせ給そといふ帥おも
ひのほかにおほえてされは貫之かおとり侍かこと
をきり給へきなりとせめけれとなをなをたたをな
しやうにみつねをはあなつらせ給ましきそといひけれ
はおほししことからきこえ侍にたりをのれかまけ/e25l
になりぬるにこそとてからきことにせられけり
まことにみつねかよみくちふかくおもひいれたる方は
又たくひなき物なりとそ/e26r
text/mumyosho/u_mumyosho027.txt · 最終更新: 2014/09/16 01:38 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa