Recent changes RSS feed

無名抄

第24話 和琴のおこり

校訂本文

和琴のおこり

ある人いはく、「和琴のおこりは、弓六張を弾き鳴らして、これを神楽(かぐら)に用ゐけるを、「煩(わづら)はし」とて、後の人の琴に作り移せると申し伝へたるを、上総の国の済物の古きしるし文の中に、弓六張と書きて、注に神楽の料と書けり」とぞ。

いみじきことなり。

翻刻

和琴ノヲコリ
或人云和琴のおこりはゆみ六張をひきならして
これをかくらにもちゐけるをわつらはしとてのち
の人のことにつくりうつせると申つたへたるを
かつさの国の済物のふるきしるし文のなかに/e24r
ゆみ六張とかきて注にかくらのれうとかけりとそ
いみしきことなり/e24l
text/mumyosho/u_mumyosho024.txt · 最終更新: 2014/09/15 14:39 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa