Recent changes RSS feed

無名抄

第23話 関明神

校訂本文

関明神

逢坂の関の明神と申すは、昔の蝉丸(せみまろ)なり。かの藁屋の跡を失なはずして、そこに神となりて住み給ふなるべし。今もうち過ぐるに、たよりに見れば、昔、深草の御門の御使にて、和琴習ひに良岑宗貞(よしみねのむねさだ)、良少将とて、通はれけむほどの事まで面影に浮かびて、いみしくこそ侍れ。

翻刻

関明神
あふさかのせきの明神と申はむかしのせみまろ也
かのわらやのあとをうしなはすしてそこに神と/e23l
なりてすみ給なるへし今もうちすくるにたよ
りにみれはむかしふかくさの御門の御使にて
和琴ならひによしみねのむねさた良少将とて
かよはれけむほとのことまておもかけにうかひて
いみしくこそ侍れ/e24r
text/mumyosho/u_mumyosho023.txt · 最終更新: 2015/12/25 23:32 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa