Recent changes RSS feed

無名抄

第20話 業平家

校訂本文

業平家

また、業平中将の家は、三条の坊門より南、高倉より西に、高倉面に近くまで侍りき。

柱なども常にも似ず、ちまき柱といふ物にて侍りけるを、いつごろの人の仕業(しわざ)にか、後に例の柱のやうに削りなしてなん侍りし。長押(なげし)も、皆まろに角もなくつひなりて、まことに古代の所と見え侍りき。中ごろ、晴明(はれあき)が封(ふ)じたりけるとて、火にも焼けずして、その久しさありけれど、世の末にはかひなくて、一年(ひととせ)の火に焼けにき。

翻刻

業平家
又業平中将の家は三条の坊門より南、たか
くらより西に高倉面にちかくまて侍きはし
らなともつねにもにすちまきはしらといふ物にて/e22l
侍けるをいつころの人のしわさにか後にれいのは
しらのやうにけつりなしてなん侍りしなけしも
みなまろにかともなくつひなりてまことにこたいの
所とみえ侍き中比はれあきかふしたりけるとて
火にもやけすしてそのひさしさありけれと世の
すゑにはかひなくてひととせの火にやけにき/e23r
text/mumyosho/u_mumyosho020.txt · 最終更新: 2014/09/14 16:23 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa