Recent changes RSS feed

無名抄

第18話 関の清水

校訂本文

関の清水

ある人いはく、「逢坂の関の清水といふは、走り井と同じ水ぞと、なべて人知り侍るめり。しかにはあらず。清水は別の所にあり。今は水も無ければ、そことも知れる人だになし。三井寺に円実房の阿闍梨(あざり)といふ老僧、ただ一人その所を知れり。かかれど、『さる跡や知りたる』と尋ぬる人もなし。『我死なん後は、知る人もなくてやみぬべきこと』と、人に会ひて語りけるよし伝へ聞きて、彼の阿闍梨知れる人の文を取りて、建暦の始めの年、十月廿日あまりのころ、三井寺へ行きて阿闍梨対面(たいめ)して、『かやうに古きことを聞かまほしうする人も難(かた)く侍るめるを、珍しくなむ。いかでかしるべつかまつらざらむ』とて、伴ひて行く。関寺より西へ二三丁ばかり行きて、道より北の面(つら)に、少し立ち上がれる所に、一丈ばかりなる石の塔(たう)あり。その塔の東へ、三段ばかり下りて、窪(くぼ)なる所はすなはち昔の関の清水の跡なり。道よりも三段ばかりや入りたらん。今は小家(こいへ)の後(しりへ)になりて、当時は水の無くて、見所もなけれど、昔の名残、面影に浮かびて、優(いう)になん思え侍りし。阿闍梨語いはく、『この清水に向かひて、水より北に、薄檜皮(うすひわだ)葺(ふ)きたる家、近くまで侍りけり。誰人の住み家(すみか)とは知らねど、いかにもただ人の居所にはあらざりけるなめり』とそ語り侍し。

翻刻

関ノ清水
或人云あふさかのせきのしみつと云ははしり井と
をなし水そとなへて人しり侍めりしかにはあらす
し水は別の所にあり今は水もなけれはそことも/e21r
しれる人たになし三井寺に円実房の阿闍
梨といふ老僧たたひとりその所をしれりかかれと
さるあとやしりたるとたつぬる人もなしわれしなん
後はしる人もなくてやみぬへきことと人にあひて
かたりけるよしつたへききて彼阿闍梨しれる人
のふみをとりて建暦のはしめのとし十月廿日
あまりの比三井寺へゆきてあさりたいめして
かやうにふるきことをきかまほしうする人もかたく
侍めるをめつらしくなむいかてかしるへつかまつらさら
むとてともなひてゆくせきてらより西へ二/e21l
三ちやうはかりゆきてみちよりきたのつらに
すこしたちあかれる所に一丈はかりなる石のた
うありそのたうの東へ三段はかりくたりてくほ
なる所はすなはちむかしのせきのし水の
あと也みちよりも三段はかりや入たらん今は
こいへのしりえになりてたうしは水のなくて
み所もなけれと昔の名残おもかけにうかひて
いふになんおほえ侍し阿闍梨語云このし水に
むかひて水より北にうすひわたふきたる
家ちかくまて侍けりたれ人のすみかとは/e22r
しらねといかにもたた人のゐ所にはあらさりける
なめりとそかたり侍し/e22l
text/mumyosho/u_mumyosho018.txt · 最終更新: 2014/09/25 14:49 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa