Recent changes RSS feed

無名抄

第12話 千載集に予一首入るを悦ぶ事

校訂本文

千載集に予一首入るを悦ぶ事

千載集には予が歌一首入れり。

「させる重代にもあらず。よみ口にもあらず。また、時にとりて人に許されたる好士にもあらず。しかあるを、一首にても入れるは、いみじき面目なり」と喜び侍りしを、故筑州聞きて、「この事、『ただなほざりに言はるるか』と思ふほどに、たびたびになりぬ。まことに思ひてのたまふことにこそ。さるにては、この道にかならず冥加おはすべき人なり。そのゆゑは、道理はしかあれど、人のしか思ふことは、有り難きわざなり。この集を見れば、させることなき人々、皆十首、七・八首、四・五首入れる類(たぐ)ひ多かり。彼ら1)を見るときは、『いかばかりいやましく思はるらむ』と推し量るに、あまりさへかく喜ばるる、いみじきことなり。道を貴ぶには、まづ心をうるはしく使ふにあるなり。今の世の人は、皆しかあらず。身のほども知らず。心高く驕り、かまびすしき憤りを結びて、事に触れて誤り多かり。今、思ひ合はせられよ」となん、申し侍りし。

まことにこの道の冥加、身のほどにも過ぎたり。古き人の言へること、必ずゆゑあり。

翻刻

千載集ニ予一首入ヲ悦事
千載集には予か哥一首いれりさせる重代にもあら/e13r
すよみくちにもあらす又時にとりて人にゆるされ
たる好士にもあらすしかあるを一首にてもいれるは
いみしき面目なりとよろこひ侍しを故筑州ききて
此事たたなをさりにいはるるかとおもふほとに
たひたひになりぬまことにおもひてのたまふこと
にこそさるにてはこのみちにかならす冥加おはす
へき人なりそのゆへは道理はしかあれと人の
しかおもふことはありかたきわさなり此集をみれは
させることなき人々みな十首七八首四五首いれ
るたくひおほかりかられをみるときはいかはかり/e13l
いやましくおもはるらむとをしはかるにあまり
さへかくよろこはるるいみしきことなり道をたうとふ
にはまつ心をうるはしくつかふにあるなり今の
世の人はみなしかあらす身のほともしらす心たか
くおこりかまひすしきいきとをりをむすひて事
にふれてあやまりおほかり今おもひあはせられ
よとなん申侍しまことにこのみちの冥加身
のほとにもすきたりふるき人のいへることかなら
すゆへあり/e14r
1)
底本「かられ」
text/mumyosho/u_mumyosho012.txt · 最終更新: 2014/09/13 18:16 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa