Recent changes RSS feed

無名抄

第11話 せみのを川の事

校訂本文

せみのをかはの事

[光行、賀茂社歌合とてし侍りし時、予、月の歌に、]1)

  石川やせみのお川の清ければ月も流れを尋ねてぞすむ

2)と詠みて侍りしを、判者にて、師光入道、「かかる川やはある」とて、負けになり侍りにき。思ふ所ありて詠みて侍しかど、かくなりにしかば、いぶかしく思え侍しほどに、「その度(たび)の判者、すべて心得ぬこと多かり」とて、また改めて顕昭法師に判ぜさせ侍りしとき、この歌の所に判していはく、「石川・せみのお川、いとも聞き及び侍らず。ただし、をかしく続けたり。かかる川などの侍るにや。所の者に尋ねて定むべし」とて、事を切らず。

後に顕昭に会ひたりしとき、このこと語り出でて、「これは賀茂川の異名なり。当社の縁起に侍り」と申ししかば、驚きて、「かしこくぞおぢて難ぜず侍りける。さりとも、『顕昭等が聞き及ばぬ名所あらむやは』と思ひて、ややもせば難じつべく思え侍りしかど、誰が歌とは知らねど、歌ざまのよろしく見えしかば、所おきてさやうに申して侍りしなり。これすでに老ひの功なり」となむ申し侍りし。

その後、このことを聞きて、禰宜祐兼、大きに難じ侍りき。「かやうのことはいみじからむ晴の会、もしは国王、大臣などの御前などにてこそ詠まめ。かかる褻事(けごと)に詠みたる、無念なることなり」と申し侍しほどに、隆信朝臣、この川を詠む。また、顕昭法師、左大将家の百首の歌合のとき、これを詠む。

祐兼いはく、「さればこそ。『我いみじく詠み出だされたり』と思はれたれど、代の末には、いづれか先なりけん、人はいかでか知らむ。何となくまぎれて、やみぬべかめり」と本意(ほい)ながり侍りしを、新古今撰ばれしとき、この歌入れられたり。いと人も知らぬことなるを、とり申す人などの侍りけるにや3)。すべてこの度の集に十首入りて侍り。

これ過分の面目なるうちにも、この歌の入りて侍るが、生死の余執ともなるばかり嬉しく侍るなり。あはれ無益のことどもかな。

翻刻

  いしかはやせみのおかはのきよけれは
  月もなかれをたつねてそすむ
セミノヲカハノ事
とよみて侍りしを判者にて師光入道かかる河やは
あるとてまけになり侍にきおもふ所ありて
よみて侍しかとかくなりにしかはいふかしくおほえ/e11l
侍し程にそのたひの判者すへて心えぬことおほ
かりとて又あらためて顕昭法師に判せさせ侍し
時此哥の所に判して云クいしかはせみのおかはいと
もききおよひ侍らすたたしおかしくつつけた
りかかる河なとの侍にや所の物にたつねてさた
むへしとてことをきらす後に顕昭にあひたり
し時此事かたりいててこれはかも河の異名
なり当社のゑんきに侍りと申かはおとろきて
かしこくそおちて難せす侍けるさりとも顕昭等
かききおよはぬ名所あらむやはとおもひてややも/e12r
せは難しつへくおほえ侍しかとたれか哥とはしらね
と哥さまのよろしくみえしかは所おきてさやうに
申て侍りしなりこれすてに老のくうなりと
なむ申侍し其後此事をききて禰宜祐兼お
ほきに難し侍きか様の事はいみしからむは
れの会もしは国王大臣なとの御前なとにて
こそよまめかかるけ事によみたる無念なること
なりと申侍しほとに隆信朝臣此河をよむ
又顕昭法師左大将家の百首の哥合のと
きこれをよむ祐兼云されはこそわれいみしくよみ/e12l
いたされたりとおもはれたれと代のすゑにはいつれか
さきなりけん人はいかてかしらむなにとなくまきれ
てやみぬへかめりとほいなかり侍しを新古今ゑらは
れし時この哥いれられたりいと人もしらぬことなるを
とり申人なとの侍けるにやとすへてこのたひの集に
十首入て侍りこれ過分の面目なるうちにもこの
哥の入て侍か生死の余執ともなるはかりうれしく
侍なりあはれ無益の事ともかな/e13r
1)
底本、この一行を欠く。この部分により長明自身の歌であることが書かれているため、日本古典全書により補った。
2)
底本、ここに標題。
3)
底本、「にやと」。「と」を衍字と見て削除
text/mumyosho/u_mumyosho011.txt · 最終更新: 2014/09/13 18:16 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa