Recent changes RSS feed

無名抄

第9話 鳰の浮巣

校訂本文

鳰の浮巣

同じ度(たび)、「水鳥近く馴る」といふ題に、同人、

  子を思ふ鳰(にほ)の浮き巣の揺られ来て捨てじとすれやみ隠れもせぬ

1)この歌、「めづらし」とて勝ちにき。祐盛法師、これを見て、大きに難云。「鳰の浮巣のやうをえ知られぬにこそ。かの浮巣は揺られ歩(あり)くべき物にあらず。海の潮は満ち干る物なれば、それを知りて、鳰の巣をくふには葦の茎を中に籠めて、しかもかれをばくつろげて、めぐりにくひたれば、潮満ては上(かみ)へ上がり、潮干れば随ひて下るなり。ひとへに揺られ歩かむには、風吹かばいづくともなく揺られ出て、大波にも砕かれ、人にも取られぬべし」。

されど、その座に知れる人のなかりけるにこそ。勝に定められにければ、「いふかひなし」とぞ申し侍りし。

翻刻

心はかりはおほえ侍しとそ俊恵かたり侍しをな
したひ水鳥ちかくなるといふ題に同人
  子をおもふにほのうきすのゆられきて
  すてしとすれやみかくれもせぬ
ニホノウキス
此謌めつらしとてかちにき祐盛法師これをみて
おほきに難云にほのうきすのやうをゑしられぬにこ
そかのうきすはゆられありくへき物にあらす海/e10r
のしほはみちひる物なれはそれをしりてにほの
すをくふにはあしのくきをなかにこめてしかも
かれをはくつろけてめくりにくひたれはしほみては
かみへあかりしほひれはしたかひてくたる也ひとへに
ゆられありかむには風ふかはいつくともなくゆられ出て
おほなみにもくたかれ人にもとられぬへしされと
その座にしれる人のなかりけるにこそかちにさた
められにけれはいふかひなしとそ申侍し/e10l
1)
底本、ここに「ニホノウキス」と標題。
text/mumyosho/u_mumyosho009.txt · 最終更新: 2014/09/13 18:17 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa