Recent changes RSS feed

無名抄

第8話 頼政歌俊恵撰事

校訂本文

頼政歌俊恵撰事

建春門女院の、殿上の歌合に、「関路落葉」といふ題に、頼政卿歌に

  都にはまた青葉にて見しかども紅葉散りしく白河の関

と詠まれて侍りしを、その度(たび)この題の歌をあまた詠みて、当日まで思ひ煩(わづら)ひて、俊恵を呼びて見せられければ、「この歌はかの能因が『秋風ぞ吹く白河の関』といふ歌に似て侍り。されど、これは出栄(いでば)えすべき歌なり。かの歌ならねど、かくもとりなしてんと、べしげに詠めるとこそ見えたれ。似たりとて、難とすべきさまにはあらず」と計らひければ、今、車さし寄せて乗られけるとき、「貴房の計らひを信じて、さらばこれを出だすべきにこそ。後の咎(とが)はかけ申すべし」と言ひかけて出でられにけり。

その度、この歌、思ひのごとく出栄えして、勝ちにければ、帰りてすなはち、喜び言ひ遣はしたりけるとぞ。

「見る所ありて、しか申たりしかど、勝負聞かざりしほどは、あひなくよそにて胸つぶれ侍りしに、いみじき高名したり」となん、心ばかりは思え侍りし」とぞ、俊恵語り侍し。1)

翻刻

頼政哥俊恵撰事
建春門女院の殿上の哥合に関路落葉と云題に
頼政卿哥に
  みやこにはまたあを葉にてみしかとも
  もみちちりしくしらかはのせき
とよまれて侍しをそのたひこの題の哥をあまた
よみて当日まておもひわつらひて俊恵をよひ
てみせられけれは此哥はかの能因か秋風そ/e9r
ふく白河のせきといふ哥ににて侍りされとこれは
いてはへすへき哥なりかの哥ならねとかくもとり
なしてんとへしけによめるとこそみえたれにたり
とて難とすへきさまにはあらすとはからひけれは
今くるまさしよせてのられけるとき貴房の
はからひを信してさらはこれをいたすへきにこそ
後のとかはかけ申へしといひかけていてられに
けりそのたひこの哥おもひのことくいてはへし
てかちにけれはかへりてすなはちよろこひいひつか
はしたりけるとそみる所ありてしか申たりし/e9l
かと勝負きかさりしほとはあひなくよそにて
むねつふれ侍しにいみしき高名したりとなん
心はかりはおほえ侍しとそ俊恵かたり侍しをな/e10r
1)
底本、次の「イホノウキス」の本文が改行なく続くが、標題の位置を間違えたものとみて、第9話 鳰の浮巣に入れた。
text/mumyosho/u_mumyosho008.txt · 最終更新: 2014/09/13 18:18 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa