Recent changes RSS feed

無名抄

第4話 我与人

校訂本文

我与人

また同じ所にて、こくなはといひし女房、「夏を契」といふ題に、

  惜しむべき春をば人に厭はせてそら頼めにやならんとすらむ

と詠めりしを、「よろし」など人々定め侍りしほどに、ある人のいはく、「『春をば人に』と言へる、少しおぼつかなからむ。ただ『春をば我に』と言ひたらば、確かにて勝りなんかし」と言ふ。

これ同ずる人多く侍りしを、俊恵、聞きて、「無下に心劣りせらるる事をのたまふかな。『人に』と言ひたりとても、他人とやは思ひたどるべき。『我に』と言ひては、うたて、ことの他に品なく聞こゆるものを。歌は花麗を先とす。人をば知らず。おのれはたとい難ありとも、『人に』と詠まん」とぞ、申し侍りし。

翻刻

我与人
又をなし所にてこくなはといひし女坊夏を契と云題に
  をしむへきはるをは人にいとはせて
    そらたのめにやならんとすらむ
とよめりしをよろしなと人々さため侍しほとに
ある人のいはくはるをは人にといへるすこしおほ/e6l
つかなからむたた春をはわれにといひたらはたしかに
てまさりなんかしといふこれ同する人おほく侍し
を俊恵ききてむけに心をとりせらるる事を
のたまふかな人にといひたりとても他人とやは
おもひたとるへきわれにといひてはうたてこと
のほかにしななくきこゆるものを哥は花麗を
さきとす人をはしらすおのれはたとい難あり
とも人にとよまんとそ申侍し/e7r
text/mumyosho/u_mumyosho004.txt · 最終更新: 2014/09/13 18:20 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa