Recent changes RSS feed

無名抄

第2話 連けがら善悪ある事

校訂本文

連けがら善悪ある事

歌はただ同じ詞(ことば)なれど、続けがら・言ひがらにて、良くも聞こゆるなり。

かの友則が歌に、「友まどはせる千鳥鳴くなり」と言へる、優に聞こゆるを、同じ古今の恋の歌の中に、「恋しきに侘びて魂まどひなば」とも言ひ、また、「身のまどふだに知られざるらむ」などいへるは、ただ同じことなれど、おびただしく聞こゆ。これはみな続けがらなり。

されば、「古歌に確かにしかじかあなり」など、証を出だすことは様(やう)によるべし。その歌にとりて、善悪あるべきゆゑなり。曽祢好忠が歌に

  播磨なる飾磨(しかま)に染むるあながちに人を恋ひしと思ふころかな1)

「あながち」といふ詞は、うちまかせて歌に詠むべしとも思えぬ事ぞかし。しかあれど、「飾磨に染むる」と続きて、わざとも艶に優しく聞こゆるなり。

古今の歌に、

  春霞立てるやいづこみよし野の吉野の山に雪は降りつつ

これは、いとめでたき歌なり。中にも「立てるやいづこ」といへる詞、勝れて優なるを、ある人の「社頭の菊」といふ題を詠み侍りしに、

  神垣に立てるや菊の枝たわに誰が手向けたる花の白木綿(しらゆふ)

同じく「立てるや」と詠みたれど、これはわざとも詞もきかず手づつげに侍り。

翻刻

連ケカラ善悪アル事
謌はたたをなしことはなれとつつけからいひから
にてよくもきこゆるなりかの友則か哥にとも
まとはせるちとりなくなりといへるいふにきこ
ゆるををなし古今の恋の哥の中にこひ/e4r
しきにわひてたましゐまとひなはともいひ又
身のまとふたにしられさるらむなといへるはたた
をなしことなれとおひたたしくきこゆこれは
みなつつけからなりされは古哥にたしかにしかしか
あなりなと証をいたすことはやうによるへし
その哥にとりて善悪あるへきゆへなり曽祢好忠
か哥に
  はりまなるしかまのかちのあなかちに
  人をこひしとおもふころかな/e4l
あなかちといふことははうちまかせて哥によむへし
ともおほえぬ事そかししかあれとしかまにそむ
るとつつきてわさともゑんにやさしくきこ
ゆるなり
古今の哥に
  春霞たてるやいつこみよしののよしのの山に
                            雪はふりつつ
これはいとめてたき哥也なかにもたてるやいつこ
といへること葉すくれていふなるをある人の社頭の/e5r
菊といふ題をよみ侍しに
  神かきにたてるや菊の枝たわに
    たかたむけたるはなのしらゆふ
をなしくたてるやとよみたれとこれはわさとも
詞もきかすてつつけに侍り/e5l
1)
底本「はりまなるしかまのかちのあなかちに」。他本によって訂正。
text/mumyosho/u_mumyosho002.txt · 最終更新: 2014/09/13 18:21 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa