Recent changes RSS feed

無名抄

第1話 題心

校訂本文

題心

歌は題の心をよく心得べきなり。俊頼の髄脳といふ物にぞ記して侍るめる。

必ずまはして詠むべき文字、中々まはしては悪く聞こゆる文字あり。

必ずしも詠み据ゑねども、おのづから知らるる文字もあり。いはゆる暁天落花・雲間郭公・海上名月、これらのごとくは、第二の文字、必ずしも詠まず。みな下(しも)の題を詠むに具して聞こゆる文字あり。

これらは教へ習ふべき事にあらず。よく心得つれば、その題を見るにあらはなり。

また、題の歌は必ず心ざしを深く詠むべし。たとへば、祝ひには限りなく久しき心を言ひ、恋にはわりなく浅からぬよしを詠み、若しは命に代へて花を惜しみ。家路を忘れて紅葉を尋ねんごとく、その物に心ざを深く詠むべきを、古集の歌どもの、さしも見えぬは、歌ざまのよろしきによりて、その難を許せるなり。

もろもろの難ある歌、この会尺によりて撰び入るる、常のことなり。されど、かれをば例とすべからず。いかにも歌合などに、同じほどなるにとりては、今少し題を深く思へるを勝ると定むなり。たとへば、説法する人の、その仏に向ひてよく讃嘆するがごとし。

ただし、「題をば必ずもてなすへきぞ」とて、古く詠まぬほどの事をば心すべし。たとへば、郭公などは、山野を尋ね歩(あり)きて聞く心を詠む。鶯ごとくは、まづ心をば詠めども、尋ねて聞くよしはいと詠まず。また、鹿の音などは、聞くに物心細く、あはれなるよしをば詠めども、待つよしをばいとも言はず。かやうの事、ことなる秀句など無くば、必ず去るべし。また、桜をば尋ぬれど、柳をば尋ねず。初雪などをば待たず。「花をば命に代へて惜しむ」など言へども、紅葉をばさほどには惜しまず。これらを心得ぬは、故実を知らぬやうなれば、よくよく左歌などをも思ひときて、歌のほどに随ひ、はからふべきことなり。

翻刻

題心
謌は題の心をよく心うへきなり俊頼の髄脳
といふ物にそしるして侍めるかならすまわして
よむへき文字中々まはしてはわろくきこ
ゆる文字ありかならすしもよみすへねと
もおのつからしらるる文字もありいはゆる
暁天落花雲間郭公海上名月これらのこと
くは第二の文字かならすしもよますみなし
もの題をよむに具してきこゆる文字あり/e2r
これらはをしへならふへき事にあらすよく
心得つれはその題をみるにあらはなり又題の哥は
かならす心さしをふかくよむへしたとへはいは
ひにはかきりなくひさしき心をいひ恋には
わりなくあさからぬよしをよみもしは命に
かへて花をおしみいへちをわすれてもみちを
たつねんことくその物に心さしをふかくよむへ
きを古集の哥とものさしも見えぬは哥/e2l
さまのよろしきによりてその難をゆるせる也
もろもろの難ある哥此会尺によりてゑらひいるる
つねのこと也されとかれをは例とすへからすいかにも
哥合なとにをなしほとなるにとりては今すこ
し題をふかくおもへるをまさると定也たとへは
説法する人のその仏にむかひてよく讃嘆す
るかことしたたし題をはかならすもてなすへき
そとてふるくよまぬほとの事をは心すへし/e3r
たとへは郭公なとは山野をたつねありきてきく
心をよむ鶯ことくはまつ心をはよめともたつねて
きくよしはいとよます又鹿のねなとは聞に
物心ほそくあはれなるよしをはよめともまつ
よしをはいともいはすか様の事ことなる秀句
なとなくはかならすさるへし又桜をはたつぬれと
柳をはたつねす初雪なとをはまたす花をは命
にかへてをしむなといへとも紅葉をはさほとには/e3l
をしますこれらを心えぬは故実をしらぬやう
なれはよくよく左哥なとをもおもひときて
哥のほとにしたかひはからふへきことなり/e4r
text/mumyosho/u_mumyosho001.txt · 最終更新: 2014/09/27 15:50 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa