Recent changes RSS feed

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:mogyuwaka:ndl_mogyuwaka14-49 [2018/04/11 21:32]
Satoshi Nakagawa
text:mogyuwaka:ndl_mogyuwaka14-49 [2018/04/11 22:44]
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
ライン 8: ライン 8:
 後漢の王吉、字を子陽といふ。瑯琊の人なり。子孫に及びて、奉養甚だ奢れり。しかはあれども、移り去る時は、衣入れたる嚢(ふくろ)一つ、持ちたりける。「奢侈の名を消さむ」とて、嚢に衣ばかりを入れて、他国へ去りけるなり。 後漢の王吉、字を子陽といふ。瑯琊の人なり。子孫に及びて、奉養甚だ奢れり。しかはあれども、移り去る時は、衣入れたる嚢(ふくろ)一つ、持ちたりける。「奢侈の名を消さむ」とて、嚢に衣ばかりを入れて、他国へ去りけるなり。
  
-時に馬援、はじめ交趾にある時、常に薏苡(つしだま)((「薏苡」ヨクイ、ジュズダマに同じ。))を沐(よく)して、身を軽(かろ)くしけり。南方に薏苡の実大きなるあり。行きて、その実を送りて、一車に積みて帰りければ、時の人、南土の珍怪と思へりけり。貴賤、皆これを望む。+時に馬援、はじめ交趾にある時、常に薏苡(つしだま)((「薏苡」ヨクイ、ジュズダマに同じ。))を沐(よく)して、身を軽(かろ)くしけり。南方に薏苡の実大きなるあり。行きて、その実を送りて、一車に積みて帰りければ、時の人、南土の珍怪と思へりけり。貴賤、皆これを望む。
  
 馬援、時に寵有り。故に以聞ゆるものなし。卒するに及びて後、上書して、これを譖しむる((「譖しむる」は底本「讃シムル」。典拠「後人譛之」により訂正。))者、「以為(おもへらく)、前に載せて還へる所、皆、明珠・文犀」と言へり。 馬援、時に寵有り。故に以聞ゆるものなし。卒するに及びて後、上書して、これを譖しむる((「譖しむる」は底本「讃シムル」。典拠「後人譛之」により訂正。))者、「以為(おもへらく)、前に載せて還へる所、皆、明珠・文犀」と言へり。
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka14-49.txt · 最終更新: 2018/04/11 22:44 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa