Recent changes RSS feed

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:mogyuwaka:ndl_mogyuwaka14-48 [2018/04/11 11:27]
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
text:mogyuwaka:ndl_mogyuwaka14-48 [2018/04/11 11:34] (現在)
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
ライン 12: ライン 12:
 時に、匈奴(えびす)の王単于((冒頓単于。通常「ぜんう」と読むが、底本「タムウ」と読み仮名あり。))、兵(つはもの)を起して、国に乱れ、ことごとく憂へける。婁敬、申していはく、「長公主をもて、彼に妻に合はせ給はば、よろしかるべき」よしを申せり。 時に、匈奴(えびす)の王単于((冒頓単于。通常「ぜんう」と読むが、底本「タムウ」と読み仮名あり。))、兵(つはもの)を起して、国に乱れ、ことごとく憂へける。婁敬、申していはく、「長公主をもて、彼に妻に合はせ給はば、よろしかるべき」よしを申せり。
  
-漢祖后(きさき)、呂后、昼夜(ひるよる)泣きて、憂へて、「われは、ただ、太子と一女とのみあり。いかでか匈奴国に捨てむ」と言ひて、つひに家人の女(むすめ)を取りて、長公主と名付けて、単于に合はせられにけり。+漢祖后(きさき)、呂((呂雉))、昼夜(ひるよる)泣きて、憂へて、「われは、ただ、太子と一女とのみあり。いかでか匈奴国に捨てむ」と言ひて、つひに家人の女(むすめ)を取りて、長公主と名付けて、単于に合はせられにけり。
  
 長公主は漢祖の女(むすめ)なり。輓輅は、一木横鹿車、前二人これを挽き、一人推しといへり。 長公主は漢祖の女(むすめ)なり。輓輅は、一木横鹿車、前二人これを挽き、一人推しといへり。
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka14-48.txt · 最終更新: 2018/04/11 11:34 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa