Recent changes RSS feed

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:mogyuwaka:ndl_mogyuwaka14-47 [2018/04/11 10:31]
Satoshi Nakagawa 作成
text:mogyuwaka:ndl_mogyuwaka14-47 [2018/04/11 10:37] (現在)
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
ライン 6: ライン 6:
 ** 何曾食万 ** ** 何曾食万 **
  
-晋の何曾は字(あざな)穎考といふ。日ごとの食物いること、万銭に及ぶに、なほ箸をいたすところなかりけり。「餅は千字にさかれは食はず」と言へり。+晋の何曾は字(あざな)穎考といふ。日ごとの食物いること、万銭に及ぶに、なほ箸をいたすところなかりけり。「餅は千字にさかれは食はず((文意不明。『晋書』巻三十三には「蒸餅上不坼作十字不食」とある。「十字に裂かざれば食はず」か。))」と言へり。
  
   ひとたびによろづの数の積りける宿の情けに煙(けぶり)立つなり   ひとたびによろづの数の積りける宿の情けに煙(けぶり)立つなり
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka14-47.txt · 最終更新: 2018/04/11 10:37 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa