Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第14第36話(236) 嵇紹不孤

校訂本文

嵇紹不孤1)

嵇紹、字(あざな)は延祖といふ。嵇康が子なり。

昔、嵇康、人の讒によりて、死罪に行はるる時、嵇紹を呼びていはく、「われ死ぬといふとも山公あり。なんぢ、孤児(みなしご)たるべからず」と言ひき。山公は山濤なり。嵇康と竹林の友にて、心ざし浅からざりしゆゑなり。山濤、育み助けけり。

嵇紹、召されて、侍中になされにけり。後に、王の軍(いくさ)、汾陰に敗るる時2)、百官、逃げ走(はし)りけるに、嵇紹、一人おほやけに付き添ひ奉りて、軍の矢を防くほどに、当りて命を失ひてけり。

嵇紹が身より、血流れ出でて、おほやけの御服に触れ注きけり。戦(いくさ)終りて、人、「御服を洗はむ」と申すに、「嵇侍中が血なり。捨つることなかれ」とて歎き給ひけり。

  頼み来し竹の林の友のみぞわが子のよをもあはれと思はむ

翻刻

愁紹不孤  〃〃字ハ延祖トイフ愁康カ子ナリムカシ/愁康人ノ讒ニヨリテ死罪ニヲコナハルルト
キ愁紹ヲヨヒテイハクワレシヌトイフトモ山公アリナムチミ
ナシコタルヘカラストイヒキ山公ハ山濤ナリ愁康ト竹林ノ
トモニテ心サシアサカラサリシユエナリ山濤ハククミタスケケリ愁
紹メサレテ侍中ニナサレニケリ後ニ王ノイクサ汾陰ニカフルル
トキ百官ニケハシリケルニ愁紹ヒトリヲホヤケニツキソヒタテ
マツリテイクサノヤヲフセクホトニアタリテイノチヲウシナヒテ
ケリ愁紹カミヨリ血ナカレイテテヲホヤケノ御服ニフレ
ソソキケリイクサヲハリテ人御服ヲアラハムト申ニ愁
侍中カ血ナリスツルコトナカレトテナケキタマヒケリ
    タノミコシタケノハヤシノトモノミソワカコノヨヲモアハレトヲモハム/d2-51r
1)
底本、「愁紹」。典拠により訂正。以下すべて同じ。
2)
「敗るる時」は底本「カフルルトキ」。文脈により訂正。
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka14-36.txt · 最終更新: 2018/04/04 12:22 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa