Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第14第30話(230) 毛宝白亀

校訂本文

毛宝白亀

毛宝は江のほとりにて、漁人の白亀釣りたるを見て、あはれみて、贖(あか)ひて1)、江に放ちて、後(のち)に石虎将軍と争ひ戦ふに、負けて江に落ち入りぬ。「怪し」と思ひて見れば、昔放ちし亀なりけり。甲の長さ四尺ばかりなりと言へり。

晋書にいはく、「毛宝、市に至るに、白亀の四・五尺ばかりあるを売る者あり。毛宝、これを買ひ取りて、助け養ひて、大きになして、江に放ちて、その後、邾城の軍(いくさ)に落ちて、毛宝が兵(つはもの)六十人、江に溺れて死ぬ。毛宝、鎧(よろひ)を着、刀を抜きて、江に落ち入りぬ。大きなる2)石に3)居たる心地して、東の岸に至り着きて、助かりぬ。「怪し」と思ひて見るに、昔放ちし亀の、五・六尺ばかりになりて、毛宝を助けける」と言へり。

  年を経て思ひ放ちし川亀(かはかめ)のめぐりあふ瀬の浅からぬかな

翻刻

毛宝白亀  〃〃ハ江ノホトリニテ漁人ノ白/亀ツリタルヲ見テアハレミテアナ
ヒテ江ニハナチテノチニ石虎将軍トアラソヒタタカフニ
マケテ江ニヲチイリヌアヤシト思テミレハムカシハナチシカメ
ナリケリコウノナカサ四尺ハカリナリトイヘリ晋書ニイハク
毛宝イチニイタルニ白亀ノ四五尺ハカリアルヲウルモノア
リ毛宝コレヲカヒトリテタスケヤシナヒテヲホキニナシテ
江ニハナチテソノ後邾(シユ)城ノイクサニヲチテ毛宝カツハモノ六
十人江ニヲホレテシヌ毛宝ヨロイヲキカタナヲヌキテ江ニヲチイ
リヌ□ホキナルイシ□ヰタルココチシテヒカシノキシニイタリツキテ/d2-49r
タスカリヌアヤシトヲモヒテミルニムカシハナチシカメノ五六尺
ハカリニナリテ毛宝ヲタスケケルト云ヘリ
      トシヲヘテヲモヒハナチシカハカメノ
      メクリアフセノアサカラヌカナ/d2-49l
1)
底本「アナヒテ」。文脈により訂正。
2)
「大きなる」は底本「□ホキナル」で一字虫損。書陵部本により補う。
3)
「石に」は底本「イシ□」で一字虫損。書陵部本により補う。
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka14-30.txt · 最終更新: 2018/04/01 17:26 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa