ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:mogyuwaka:ndl_mogyuwaka14-29

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:mogyuwaka:ndl_mogyuwaka14-29 [2018/04/01 15:10]
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
text:mogyuwaka:ndl_mogyuwaka14-29 [2018/04/01 15:11] (現在)
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
ライン 8: ライン 8:
 王承、字(あざな)をば安朝といふ。東海郡守なり。 王承、字(あざな)をば安朝といふ。東海郡守なり。
  
-小吏の池の魚、盗むありけり。網紀、之を権(はか)る。王承がいはく、「文王の園(その)は衆と共に同じ((底本))。魚惜しむべきにあらず」とて、なだめつ。+小吏の池の魚、盗むありけり。網紀、之を権(はか)る。王承がいはく、「文王の園(その)は衆と共に同じ((底本「与衆(シフヲ)シト共ニ同シ」。))。魚惜しむべきにあらず」とて、なだめつ。
  
 また、夜(よ)を犯せる者を召し捕りて来たれり。その人を問ふに、「われ、師のもとに行きて書を読むほどに、日の暮るるを忘れて、夜(よ)に入りて、行きかかれるなりと言へる」と言へり。文を好める心ざしを讃めて、甯越を鞭撻して威名を立てむこと、致化の本に非ず」と言ひて、使ひを添へて、家に帰しおいてけり。 また、夜(よ)を犯せる者を召し捕りて来たれり。その人を問ふに、「われ、師のもとに行きて書を読むほどに、日の暮るるを忘れて、夜(よ)に入りて、行きかかれるなりと言へる」と言へり。文を好める心ざしを讃めて、甯越を鞭撻して威名を立てむこと、致化の本に非ず」と言ひて、使ひを添へて、家に帰しおいてけり。


text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka14-29.txt · 最終更新: 2018/04/01 15:11 by Satoshi Nakagawa