Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第14第25話(225) 黄向訪主

校訂本文

黄向訪主

後漢の黄向1)、字は文章、清廉なせりし人なり。

昔、道行くに、金の珠𤧀2)一嚢、落ちたるあり。その間に、百余に当りぬべし。

主(ぬし)の歎くらむことを、あはれびかへりみて、かたがた主を求めて、つひに尋ね会ひて、たしかに尋ね与へけり。

主のいはく、「落して後、まさにわが物にあらず。はじめてなんぢが3)物を得るなり。しかれば、半分を取らむ」と言ひて、半分を黄向に与へて報ひけれども、固くいなびて、取らずして去りぬ。

  散る花をもとの梢(こずゑ)に吹き返す4)峰の嵐はあたならぬかな

翻刻

黄向訪(ハウ)主  後漢ノ廣向字ハ文章清廉ナセリ/シ人也ムカシミチユクニ金ノ珠𤧀(タマキ)
一嚢(ロ)ヲチタルアリソノ間ニ百余ニアタリヌヘシヌシノナ
ケクラムコトヲアハレヒカヘリミテカタカタヌシヲモトメテツ/d2-47r
イニタツネアヒテタシカニタツネアタヘケリヌシノイハクヲト
シテ後マサニワカモノニアラスハシメテ□ムチカモノヲウルナリシカレハ
半分ヲトラムトイヒテ半分ヲ黄向ニアタヘテムクヒケレトモ
カタクイナヒテトラスシテサリヌ
    チル花ヲモトノコスヘニスキカヘス
    ミネノアラシハアタナラヌカナ/d2-47l
1)
底本ここのみ「廣向」。誤写とみて訂正。
2)
「𤧀」は「王(たまへん)+某」。底本には、「たまき」と読み仮名がある。
3)
「なんぢが」は底本「な」に当たる文字が虫損。文脈により補う。
4)
「吹き返す」は底本「スキカヘス」。文脈により訂正。
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka14-25.txt · 最終更新: 2018/03/27 12:41 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa