Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第14第24話(224) 夏侯拾芥

校訂本文

夏侯拾芥

漢の夏侯勝、字(あざな)長公といふ。云く、「士1)は経術に明らかならぬことを病とすべし。まことによく明らかなれば、その青紫を取ること、俯して地芥を拾ふがごとし」と言へり。

青紫2)は、卿大夫の服なり。文にだにも明らかならば、卿大夫に昇らむことをへにそして3)、下(しも)の芥(あくた)を拾はむがごとく、やすく得べきことなりと言へり。

  明らけき道だにあらばくらゐ山身をしぼらでも心なるべし

翻刻

夏侯拾芥 漢ノ夏侯勝字長公トイフ云クト/士ハ経術ニアキラカナラヌコトヲ病ト
スヘシマコトニヨクアキラカナレハソノ青紫ヲトルコト如俯テ
於カ地芥ヲトイヘリ俯(フシテ)青紫ハ卿大夫ノ服ナリ文ニ
タニモアキラカナラハ卿大夫ニノホラムコトヲヘニソシテシ
モノアクタヲヒロハムカコトクヤスクウヘキコトナリトイヘリ
          アキラケキミチタニアラハクラヒヤマ
          ミヲシホラテモ心ナルヘシ/d2-47r
1)
底本「ト士」。衍字とみてトを削除。
2)
底本「俯シテ青紫」。俯シテを衍文とみて削除。
3)
このあたり意味不明。
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka14-24.txt · 最終更新: 2018/03/26 21:42 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa