Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第14第23話(223) 鄒陽長裾

校訂本文

鄒陽長裾

斉の鄒陽が呉王に奉る書1)にいはく、「臣、智を尽し、誠を終へ、精をかへ、慮を極むるに、おかさずといふ国はあるまじ。いづれのおほやけの門にても、長裾を引かざらむや」と書きて載せて、思ひ2)をなむ述べける。

  あまのとをあけゆく空を見るごとにたなびく雲の裳裾(もすそ)なりけり

翻刻

鄒陽長裾  斉ノ鄒陽カ呉王ニタテマツル/書ニイハク臣智ヲツクシ誠ヲ
オヘ精ヲカヘ慮ヲキハムルニヲカサス(ヌ歟)トイフクニハアルマシイ
ツレノヲホヤケノ門ニテモ長裾ヲヒカサラムヤトカキテノセテ/d2-46l
ヲヒヲナムノヘケル
  アマノトヲアケユクソラヲミルコトニタナヒク雲ノモスソナリケリ/d2-47r
1)
『上呉王書』
2)
「思ひ」は底本「ヲヒ」。文脈により訂正。
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka14-23.txt · 最終更新: 2018/03/25 17:17 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa