Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第14第20話(220) 大叔辨給 摯仲詞翰

校訂本文

大叔辨給 摯仲詞翰1)

大叔と摯仲とは、ともに列卿たり。公座2)にのぞむごとに争ひけり。

大叔が言葉には、摯仲、答ふるかたなく、摯仲が筆には、大叔、述ぶる所なし。とりどりに聞こえけれども、筆、なほ勝(まさ)れりとす。

  いかでかは言葉の波を散らしても筆の海をば汲み尽すべき

翻刻

大叔辨給 摯仲詞翰  大叔ト摯仲トハトモニ/列卿タリ公座□ソム/d2-45l
コトニアラソヒケリ大叔カコトハニハ摯仲コタフルカタナク摯仲
カフテニハ大叔ノフルトコロナシトリトリニキコヘケレトモフテナヲマサ
    イカテカハコトハノナミヲチラシテモ          レリトス
    フテノウミヲハクミツクスヘキ/d2-46r
1)
通常「大叔辨洽 摯仲辞翰
2)
底本「公座」の後虫損。文脈により補う。
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka14-20.txt · 最終更新: 2018/03/23 19:14 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa