ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:mogyuwaka:ndl_mogyuwaka14-15

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:mogyuwaka:ndl_mogyuwaka14-15 [2018/03/21 15:46]
Satoshi Nakagawa 作成
text:mogyuwaka:ndl_mogyuwaka14-15 [2018/03/21 15:47] (現在)
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
ライン 8: ライン 8:
 秦の孫綽、字(あざな)興公といふ。広く学びけり。才学聞こえ高き人なり。 秦の孫綽、字(あざな)興公といふ。広く学びけり。才学聞こえ高き人なり。
  
-天台の賦を作りて、友達に見せしむに、友達、讃めていはく、「なんぢ、こころみに地に投げよ。まさに金玉の声あるべし」と讃めけり。時の人、孫綽を「才冠なり」と言へりけり。+天台の賦((遊天台山賦))を作りて、友達に見せしむに、友達、讃めていはく、「なんぢ、こころみに地に投げよ。まさに金玉の声あるべし」と讃めけり。時の人、孫綽を「才冠なり」と言へりけり。
  
   山高み雲の岩根をとめて落つる滝の白玉声響くなり   山高み雲の岩根をとめて落つる滝の白玉声響くなり


text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka14-15.txt · 最終更新: 2018/03/21 15:47 by Satoshi Nakagawa