Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第14第12話(212) 黄琬対日

校訂本文

黄琬対日

後漢の魏郡に日蝕ありけり。おほやけ、勅を出だして、蝕する所の多少を問はるるに、蝕する所、十余分に及びけり。祖瓊1)、この趣(おもぶき)を書き述べむとするに、筆惑ひけり。

時に、祖瓊の少子黄琬、六歳にして、傍らにありていはく、「蝕の余りは、月の初めてなるがごとし」と言へり。この趣(おもむき)を書き述べてけり。

いとけなき心に、悟りの深きことを、ありがたき例(ためし)にて、それより名を得てけり。

  消え残る日陰の雪の色かはり月は雲間にあらはれにけり

翻刻

黄琬対日  後漢ノ魏郡ニ日蝕アリケリヲホヤケ/勅ヲイタシテ蝕スル所ノ多少ヲトハルルニ
蝕スル所ロ十余分ニヲヨヒケリ祖瓊コノヲモフキヲカキノヘムトスルニ
フテマトヒケリトキニ祖瓊少子黄琬六歳ニシテカタハラニアリテ
云ク蝕ノアマリハ月ノハシメテナルカコトシトイヘリコノヲモムキ
ヲカキノヘテケリイトケナキ心ニサトリノフカキコトヲアリカタ/d2-43l
キタメシニテソレヨリナヲエテケリ
  キエノコルヒカケノユキノイロカハリ月ハ雲マニアラハレニケリ/d2-44r
1)
黄琬の祖父、黄瓊
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka14-12.txt · 最終更新: 2018/03/19 16:19 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa