ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:mogyuwaka:ndl_mogyuwaka14-07

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:mogyuwaka:ndl_mogyuwaka14-07 [2018/03/17 22:24]
Satoshi Nakagawa 作成
text:mogyuwaka:ndl_mogyuwaka14-07 [2018/03/17 22:27] (現在)
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
ライン 6: ライン 6:
 ** 劉昆反火 陳留人也 ** ** 劉昆反火 陳留人也 **
  
-後漢の劉昆、字(あざな)は桓公といへり。光武帝の御時、はじめ((底本「家」に「ハシメ」と傍書。次行の「民家」の目移りによる誤写とみられる。))広陵((底本「広淩」。書陵部本により訂正))の守として赴きけり。+後漢の劉昆、字(あざな)は桓公といへり。
  
-にはかに火出で来て、民家焼けけるに、劉昆、火に向ひて、頭(かしら)を叩きてうれへければ、風を返して、火を消ちてけり。+光武帝の御時、はじめ((底本「家」に「ハシメ」と傍書。次行の「民家」の目移りによる誤写とみられる。))広陵((底本「広淩」。書陵部本により訂正))の守として赴きけり。にはかに火出で来て、民家焼けけるに、劉昆、火に向ひて、頭(かしら)を叩きてうれへければ、風を返して、火を消ちてけり。
  
 後に、弘農守移りにけり。弘農には、猛き虎多くして、人を害しけり。劉昆、境に入りてより、北の方、川を渡りて、長く去りにけり。 後に、弘農守移りにけり。弘農には、猛き虎多くして、人を害しけり。劉昆、境に入りてより、北の方、川を渡りて、長く去りにけり。


text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka14-07.txt · 最終更新: 2018/03/17 22:27 by Satoshi Nakagawa